今平周吾は4つのボギーで9位に後退(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 2日目◇2日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>
雷雲接近のため、1時間遅れて競技が開始された国内男子メジャー「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」の第2ラウンド。全選手が前半の競技を終え、アンジェロ・キュー(フィリピン)が3バーディ・ノーボギーの“68”をマーク。トータル7アンダー単独首位に浮上している。

2打差2位にスンス・ハン(米国)、3打差3位タイに中島徹、キム・ヒョンソン(韓国)が続いている。
好調の24歳・今平周吾は前半2番パー5でイーグル奪取も、その後は4つのボギーで後退。スコアを2つ落とし、後半17番時点でトータル2アンダー9位タイとしている。現・賞金ランク1位の宮里優作はこの日も振るわず、トータル8オーバー93位タイと下位に沈んでいる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

シニアツアー「すまいーだカップ」のリーダーボードはこちら
ジャンボ尾崎が宮里藍引退についてコメント「俺みたいにしぶとくやるタイプもいるけどな」
武藤俊憲、フィニッシュでクラブが手から離れるのも「いい兆候」!?
大先輩からの“口撃”にも負けず!今平周吾が首位タイ発進
ゴルファーの声がぞくぞく! ギアNAVIで最新情報をチェック