U-18日本代表に選ばれたDF阿部海大(左)とMF郷家友太(写真協力『高校サッカー年鑑』)

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は2日、ポルトガル遠征を行うU-18日本代表メンバーを発表した。10番は青森山田高のMF郷家友太が背負う。

 その他では5月に行ったU-20代表候補合宿にも選ばれていた東福岡高のDF阿部海大や横浜F・マリノスユースのMF山田康太らが選ばれている。

 同代表は6月10日に出国。同14日よりポルトガルで開催される第23回U18リスボン国際トーナメントに参戦し、アメリカ、ポルトガル、ノルウェーと対戦する。

▽監督

影山雅永

▽コーチ

秋葉忠宏

▽GKコーチ

土肥洋一

■選手

▽GK

12 猿田遥己(柏レイソルU-18)

1 若原智哉(京都サンガF.C.U-18)

▽DF

5 西洸瑠(アビスパ福岡U-18)

2 松田陸(前橋育英高)

13 入間川景太(ヴァンフォーレ甲府U-18)

4 宮本駿晃(柏レイソルU-18)

14 早坂翼(平塚学園高)

3 阿部海大(東福岡高)

6 荻原拓也(浦和レッズユース)

▽MF

15 高橋大悟(神村学園高等部)

10 郷家友太(青森山田高)

16 山田康太(横浜F・マリノスユース)

7 川村拓夢(サンフレッチェ広島ユース)

8 佐々木大樹(ヴィッセル神戸U-18)

19 杉浦文哉(名古屋グランパスU18)

20 田中雄大(桐光学園高)

▽FW

17 中島元彦(セレッソ大阪U-18)

9 中村駿太(青森山田高)

11 平墳迅(清水エスパルスユース)

18 奥抜侃志(大宮アルディージャユース)