「雲が描いた月明かり」パク・ボゴム“似ているところを挙げるなら恋愛する時はすごく一途なところ”

写真拡大 (全3枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

パク・ボゴム&キム・ユジョン主演の超話題作「雲が描いた月明り」のDVD&Blu-rayが本日(6/2) リリース! 今回、DVD&Blu-rayリリースを記念して、パク・ボゴムのインタビューが到着! 本作で演じた世子イ・ヨンの魅力や見どころ、おすすめの胸キュンシーンやセリフなどを語ってくれた。

【プレゼント】パク・ボゴム直筆サイン入り「雲が描いた月明り」プレスシートを1名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――台本を読んだ時の印象はどうでしたか?

パク・ボゴム:これまで私が抱いていた王世子のイメージと違ったので斬新な感じがしてすごく心が引かれたんです。台本を読むたびに、おもしろくて「今、演じるべき役だ」と思ったので出演を決めました。

――出演した感想はいかがですか?

パク・ボゴム:素晴らしい先輩方と共演できて本当にラッキーでした。演技においても人生においてもよいアドバイスをたくさんいただけました。あの経験は僕にとってはまさに祝福そのもので、忘れられない作品です。「雲が描いた月明り」をご覧になった方には、夏から秋にかけて感じられるような爽やかさや清涼感が込められている作品であると記憶してほしいです。月を見るたびに思い出してもらいたいですね。出演できて本当にラッキーでした。

――演じたイ・ヨンというキャラクターについて簡単に紹介してください。

パク・ボゴム:一言で簡単に言えば「ワガママで不良の世子」です。この言葉にすべて集約できると思います。でも表には出さなくても内には強さを秘めていて、やると決めたことについては徹底的に準備します。はた目には王にふさわしくありません。遊び好きだし歌や踊りが好きですからね。でもそういう面が魅力的に感じられました。私の心の中では、これまでは王世子といえば慎重で重々しいイメージでした。しかし、イ・ヨンの場合、作品の序盤では自由奔放で少し図々しい面が描かれていました。そういうところに引かれたのだと思います。

――イ・ヨンの最大の魅力は?

パク・ボゴム:外柔内剛なところでしょう。外見はとても軟弱で少しルーズに見えますが、心の中では強い意志を持ち愚直で男らしさを秘めている点がイ・ヨンの魅力ではなかと思います。

――原作の小説は読みましたか?

パク・ボゴム:最初の方だけですね。なぜかというとドラマは原作をベースにしてはいますが、登場人物が原作と違うからです。原作でのイ・ヨンは、がさつでシニカルで偉ぶった人物です。その半面ドラマでのイ・ヨンは序盤こそワガママで不良の世子でしたが、だんだんと世子にふさわしい人物へと成長していきます。原作を読み始めた頃、監督や脚本家の先生に「原作ではなくドラマで描かれるイ・ヨンという人物を我々でより具体的に作り上げていこう」とおっしゃっていただいたんです。その後は台本に集中して演じていきました。

――演技の参考にした作品は?

パク・ボゴム:もちろんありますが、他の作品を見るだけでは、自分はイ・ヨンというキャラクターをこう演じればいいのだという、はっきりとした基軸のようなものを自分の中に持てませんでした。それでイ・ヨンというキャラクターを自分のものにするために監督や脚本家とよく読み合わせをしました。

「似ているところを挙げるなら恋愛する時はすごく一途なところ…」

――イ・ヨンとパク・ボゴムさんの共通点は?

パク・ボゴム:まず僕はイ・ヨンほど小うるさくはありません。それに愛想も悪くないのでその点もイ・ヨンとは違うと思います。似ている点を挙げるなら恋愛する時はすごく一途なところでしょうか。それと先ほども話しましたが外柔内剛なところも少し似ているかなと思います。

――世子を演じる時に気をつかったことは?

パク・ボゴム:どの役を演じる時にも、まずはその人物の人生を思い描いてみるんです。今回も“美しい王宮で生まれ育ったらどんな感じか”と考えました。時間の経過とともに心理的にも変化があったはずです。そういったことを考えながら姿勢や精神状態、歩き方といったことをリアルに表現しようと努力しました。

――実際、難しかったですか?

パク・ボゴム:頭の中ではイ・ヨンを理解していても表現するのは少し難しかったです。僕が頭の中で想像したイ・ヨンには様々な魅力があるのに、僕が演じる彼は薄っぺらなんです。ですから作品選びを間違えたかと思ったりもしました。でも演じるうちに難しくてもおもしろく感じられました。わからないところは、その都度、監督や脚本家の先生に相談して練習しました。そうしてイ・ヨンを演じているうちに自覚していなかった自分の一面なども発見できた作品でした。

「台本を初めて読んで、独りで“キャーッ”とときめいたシーンは…」

――キム・ユジョンさんと共演してみていかがでしたか?

パク・ボゴム:彼女は演技の準備を万全にしてきていました。サンノムというキャラクターをとても愛らしく天真爛漫に演じてくれて何よりでした。初対面の時はぎこちなかったですね。お互い人見知りをするほうなので最初は気まずかったです。撮影が進むにつれて信頼感が芽生えてきました。おかげで2人とも役に集中できたと思います。彼女は感情を表現するのが上手だと思います。目を合わせたら、その瞬間にサンノムになり、ラオンになれます。言葉にしなくてもどんな気持ちを表現しているのかが伝わってきました。僕より演技経験も多く学ぶところが多かったです。彼女を通して役を演じる上でどう準備していけばよいか、役にどう向き合えばよいかを学びました。

――サンノムが実は女性だと知ってからの気持ちの変化についてどのように演じましたか?

パク・ボゴム:女性だと知ってから、ヨンは、より積極的に気持ちを伝えます。以前よりさらに、ときめく感じなんです。ラオンが男だと思っていた時よりもです。女性だということをわかっていながら、からかって意地悪をする時やラオンを見つめる時は、以前よりも真剣でストレートになります。意地悪もしますが誠実であろうと努力していこうとしました。

――おすすめの胸キュンシーンは?

パク・ボゴム:まず、台本を初めて読んで、独りで“キャーッ”とときめいたシーンは「イ・ヨンが私の名だ」というセリフのシーンです。このシーンでラオンに初めて正体を明かすのですが、少しだけ心を開くヨンの姿に、すごく心がときめいたことを覚えています。それから胸キュンシーンといえばジニョン先輩のシーンですね。誰が見ても心がときめくと思います。例えば……「内官がこれほど美しいのは反則では?」というセリフとか、とても魅力的に演じたと思います。先輩から多くを学びましたし、カッコいい方だなと感じました。

――共演者の方々とのエピソードは?

パク・ボゴム:まずお伝えしたいのはこのドラマを通して素晴らしい方々に出会えたということです。同年代の役者さんとは共感し合える部分があったし、互いを補おうと努力しました。また先輩方のリードがあったおかげで若手の僕たちも最後までブレない演技ができました。ですから本当に誰か一人との出会いがどうこうというよりも、いろんな方々のおかげでイ・ヨンというキャラクターをしっかりと最後まで演じ切れたということです。本当にすべてに感謝しています。

「チャン内官とのブロマンス…お互いに口に出さなくても伝わる感情を表現していました」

――B1A4のジニョンさんとの共演シーンで特におもしろかったシーンは?

パク・ボゴム:“おもしろい”というより心が痛んだのは、私を助けようと刀を素手で止めるシーンです。あのシーンでは泣きそうになりました。残念だった点もあります。ビョンヨンとヨン、ユンソンがそろうシーンが1度だけでした。3人でキム家での宴会の席で一緒に酒を飲むシーンがあるんです。ビョンヨンは背後にいました。そのシーン以降は3人がそろう場面がなくて劇中のイ・ヨンとしても残念でしたし視聴者の立場から見ても残念でした。3人の友情が描かれずに終わったのが心残りですね。

――男同士の友情“ブロマンス”の中で印象的なシーンは?

パク・ボゴム:チャン内官フンナム役を演じたイ・ジュンヒョク先輩との撮影は楽しかったです。ユーモラスな方なのでNGもたくさん出ましたね。互いに口に出さなくても伝わる感情をドラマでは表現していました。視聴者が気づいたかは、わかりませんが、チャン内官とはブロマンスがありましたね。それからビョンヨンとのシーンで、矢に当たって倒れた彼に言うセリフが忘れられません。「この世で1人だけ信じるなら、それは今でもお前だ」と伝えるんです。ビョンヨンも初めてヨンにタメ口で答えます。「ありがとう」とね。あのシーンは僕にとってブロマンスとして心に残るものでした。

――撮影現場でのムードメーカーはいましたか?

パク・ボゴム:現場でのドンヨンは元気いっぱいで、ポジティブなエネルギーを振りまいていました。ユジョンはサムノムみたいに魅力的でかわいいので、みんなに好かれていました。ジュンヒョクさんもいつもムードメーカーでした。セリフを実際の言葉以上に魅力的にするんです。台本を読んでいる時も彼の息遣いが感じられるほどでした。なのでムードメーカーはジュンヒョクさんとユジョン、ドンヨンの3人ですね。僕はムードメーカーの恩恵にあずかるほうでした。

――ヒットの予感はありましたか?

パク・ボゴム:ヒットしてほしいと祈っていました。視聴者の方の反応は期待以上でしたね。この作品を最後まで愛してくださって心から感謝しています。

――単独主演作としてのプレッシャーはありましたか?

パク・ボゴム:『雲が描いた月明り』と出会った時はときめきのほうが大きかったですね。“いい演技で視聴者の心を動かし感動を与えたい”“しっかり準備しよう”とワクワクしていました。ところがキャストが決まってマスコミにも注目されるようになってからは重荷というかプレッシャーを感じ始めました。共演者に恵まれたのだから迷惑をかけないよう頑張ろうと思いましたね。でも台本を読んでいっても、なかなかイ・ヨンというキャラクターを演じる上でしっかりとした軸がつかめず、演じ方もわからなかったんです。そんな時「応答せよ 1988』の監督の言葉が思い出されました。「この作品では主人公は1人じゃなくて全員だ」「全員にストーリーがある」「視聴率の高低にかかわらず最後まで楽しもう」とね。あの言葉のおかげでプレッシャーがだいぶ軽減された気がします。僕が勘違いしてたんですよね。自分が引っ張っていかねばと思い込んで重荷を感じていました。僕1人で作品を作っていくのではなく、皆が最善を尽くし、力を合わせて作り上げていけばいいんだとわかりました。そう考えると今回も少し気が楽になりましたね。

「ニックネーム“エンディングの妖精”は脚本のおかげ…」

――本作でついた“エンディングの妖精”というニックネームについてはいかがですか?

パク・ボゴム:かわいいニックネームをいただき感謝しています。皆さんがエンディングを気に入ってくださった証しだと思っています。脚本のおかげですね。

――エンディングでお気に入りのシーンは?

パク・ボゴム:「イ・ヨンが私の名だ」あのセリフにはときめきました。今、思い出してもときめきます。多分、ほとんどすべてのエンディングが僕には意味のあるものでした。最終話でのエンディングも花道を歩いてほしいという要望が多く、美しい花畑でラオンと幸せな結末を迎えられました。記憶に残るエンディングシーンです。

――涙を流すシーンについてはどうでしたか?

パク・ボゴム:難しさより、うまく演じなければという責任感のほうが大きかったように思います。涙を流すシーンを演じるたびに、その演じなければいけない状況に精神を集中して役になりきろうと努めました。僕が逃したり忘れたりしている部分は監督がキャッチし指示をくれたんです。おかげで注意散漫にならずに役に入り込めたと思います。

――実際にどのように感情を高めましたか?

パク・ボゴム:台本にとにかく集中しました。そのシーンに精神を集中して考え、演じていけば、知らず知らずのうちに役になりきれます。例えばセリフや、そのシーンの状況からもキャラクターの感情が読み取れますし、相手の目を見ながら演じていると無意識のうちに役になりきれました。

――時代劇と現代劇との違いはどうでしたか?

パク・ボゴム:まず、韓服を着る点、時代背景やロケ地も異なりますよね。それに時代劇は制約が多い気がします。例えば場所の制約や時間の制約といったものです。でも何より、美しい韓服を思う存分着られるのが、よい意味での違いですね。

――韓服を着た感想はいかがですか?

パク・ボゴム:美しい韓服を何度も着たのは初めてでした。僕に似合うように作ってくださったデザイナーの方に感謝しています。作品を通して韓服の魅力を伝えることができて光栄です。あんなに美しい韓服を着る機会はめったにありません。韓服を着ると姿勢や心持ちまで変わるように感じました。

「演技の面で学ぶことが多く、忘れがたい作品になりました」

――記憶に残っているシーンは?

パク・ボゴム:ヨンの父が、淑儀と会うシーンが特に心に残っています。父と淑儀が互いに抱いていた誤解が解けて和解するシーンです。2人が橋の上で会う光景もすごくきれいでした。ドラマの中の風景がすがすがしいんです。どのシーンもとても美しいものでした。撮影監督や演出家の方のおかげです。父がヨンに「何もしないのはお前のためだ」と言うシーンがあります。本音をぶつけ合う場面です。「何かしようとして……民や王妃を失ってしまった」「何もしないでいることでお前を失わず、お前を守ることができる」という告白をします。そのシーンは印象的なシーンでした。それから淑儀とヨンのシーンも忘れられません。「なぜ見舞いに来るのですか? 世子様が来てくれるのがうれしくて治らないではありませんか」と言うシーンです。あのセリフにはウルッときてしまいました。好きなシーンが多すぎて選べませんね。

――NGが多かったシーンは?

パク・ボゴム:便殿でのシーンは普段使わない言葉がたくさん出てくるのでスムーズに言うのが難しかったです。あの時ばかりはNGを連発しました。

――思い出に残っている撮影エピソードはありますか?

パク・ボゴム:セリフが頭に入らなくて何度も撮り直したことがあります。確か便殿でのシーンでした。スタッフの方に申し訳なかったですね。日程に余裕がなかったので少し焦りました。悔しい思い出です。

――本作はパク・ボゴムさんにとってどんな作品になりましたか?

パク・ボゴム:僕にとってですか。演技の面では学ぶことが多かったですし、自分に足りない点を思い知らされました。初挑戦の時代劇で本当はもっとうまくやり遂げたかったんですが……。幸いみなさんに楽しんでいただけてよかったです。先輩方の演技から多くを学べたので、忘れがたい作品になりました。

――日本のファンのみなさんにメッセージをお願いします。

パク・ボゴム:日本の視聴者の皆様こんにちは。このようにインタビューを通してお会いできて光栄です。「雲が描いた月明り」は次々とおもしろい展開が続くドラマです。イ・ヨンの新たな面も見られますのでお楽しみに。パク・ボゴムをよろしくお願いします。風邪に気をつけてください。みなさんの幸せを祈ります。楽しみ(ラオン) でみなさんの心が満たされますように。ありがとうございました。

「雲が描いた月明り」DVD&Blu-ray情報

●6月2日(金) 発売
・DVD-SET1 130分特典映像 DVDディスク付(お試しBlu-ray付き)
・Blu-ray SET1 130分特典映像DVDディスク付

●7月4日(火) 発売
・DVD-SET2 140分特典映像 DVDディスク付(お試しBlu-ray付き)
・Blu-ray SET2 140分特典映像 DVDディスク付

※同時DVDレンタル開始
DVD 各19,000 円+税
Blu-ray 各21,000 円+税

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd. (C) Love in Moonlight SPC All rights reserved
公式サイト:http://kandera.jp/sp/kumo/
予告編:https://youtu.be/Nywj5JBTA3M

▼CS放送局・衛星劇場
2017年6月20日(火) 毎週火曜日 午後11:00〜※2話連続放送(全18話)

●「雲が描いた月明り〜オリジナル サウンドトラック」好評発売中
3,800円+税、発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント