「怪しいパートナー」チ・チャンウク、ナム・ジヒョンに内緒で調査開始

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「怪しいパートナー」でチ・チャンウクがイ・ドクファについての調査を密かに始めた。

1日に韓国で放送されたSBS「怪しいパートナー」で、依頼人チョン・ヒョンス(トンハ) がヤン・ジヌシェフを殺した真犯人ではないかと疑い始めたノ・ジヌク(チ・チャンウク) は、偶然チョン・ヒョンスに会うことになった。ノ・ジヌクは心の中で「チョン・ヒョンスさん、あなたは誰だ」と言った。

チョン・ヒョンスが「弁護士さん、どこに行きますか?」と聞くと、ノ・ジヌクは何気ない表情で「僕とも一杯やろう」と飲み屋に再び一緒に行った。

ノ・ジヌクはチョン・ヒョンスとお酒を飲みながら親しく接近し、真実を明かそうとしたが、酔いが覚めたウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン) とチ・ウニョクのせいで深入りすることはできなかった。

翌日ノ・ジヌクは、バン係長(チャン・ヒョクジン) を呼んでチョン・ヒョンスについて調査することを秘密裏に指示した。ウン・ボンヒが何か知りたがっていたが、教えなかった。