Audi Q2 1st edition。(写真:アウディジャパン発表資料より)

写真拡大

 アウディジャパンは、新型のコンパクトなSUV「Audi Q2」を全国のアウディ正規ディーラー125店舗を通じて6月13日に発売するとともに、Q2発売を記念した特別仕様車「Audi Q2 1st edition」を全国280台限定で販売することを発表した。

【こちらも】アウディ、A3セダン初の本格スポーツモデル「Audi RS 3 Sedan」を発表

 アウディQ2は、アウディのラインナップの中では最もコンパクトなSUVとなる。

 1st editionは、Audi Q2 1.4 TFSI cylinder on demand sportをベースに、いくつかの充実パッケージを施したモデルとなる。このセグメントのSUVとしては比類ない、セーフティシステムに注力している。

 専用装備の中で特徴的なのはインテリアのアンビエントライティングで、LED照明を10色の中から選択することができる。フルデジタルの多目的ディスプレイ、アウディバーチャルコックピット、オートマチックテールゲートも専用装備だ。

 カラーは5色が設定されているが、デイトナグレー パールエフェクトは1st editionの専用カラーとなる。価格は車両本体価格税込490万円。

 Q2には3つのモデルがある。Audi Q2 1.0 TFSI、Audi Q2 1.0 TFSI sport、Audi Q2 1.4 TFSI cod sportだ。価格は順に、車両本体価格税込、299万・364万・405万円。

 1.0と1.4はエンジンが異なり、前者は1.0LTFSIエンジン、後者は1.4LTFSIエンジン。総排気量はそれぞれ999、1,394ccとなる。

 コンパクトさを謳うシャシーのサイズは、全モデルとも全長4,200mm、全幅1,795mm、全高1,500mm、ホイールベース2,595mmとなっている。