変わらない歓迎ぶりに「皆さんの応援に
感謝します」(ヘア&メイク/久保マリ子)

写真拡大

 「おじいちゃんはデブゴン」(公開中)、「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」(6月10日公開)を連続公開する上映企画「サモ・ハンis BACK!」のキャンペーンで、香港映画界の重鎮サモ・ハン・キンポー(サモ・ハン)が11年ぶりに来日。映画.comのインタビューに応じ、作品の魅力と「最強のカンフースター」について語った。

 自ら主演を務めた「おじいちゃんはデブゴン」は、20年ぶりとなる監督作。認知症気味の退役軍人を演じ、中国とロシアのマフィア抗争に巻き込まれた隣人父娘を救うために、封印していた武術を駆使して大立ち回りを演じる。「非常に良い脚本で、『じゃあ、監督をやろう』と即決した」というストーリーは、退役軍人と少女の絆も描かれるサモ・ハン版「グラン・トリノ」ともいうべき味わい。衰えを感じさせないアクションと「グレートウォール」のアンディ・ラウ共演、そして関係の深いユン・ピョウらのゲスト出演も話題だ。

 61年のデビュー以来、俳優、プロデューサー、監督、アクション監督として活躍し続けている、まさに香港アクション映画界の「レジェンド」。それだけに同映画界への思いは強く、中国へ香港が返還されるのと同じ97年だった前監督作からの20年を「非常に大きな変化があった」と振り返り、「香港映画のマーケットが縮んでしまい、大作と呼べる規模の作品は数年に1本程度しか作られなくなった。だから新しい監督や俳優は育ってこないし、映画界全体が大きなショックを受けている状況なんだ」と憂いを明かした。

 そうした状況下で製作され、サモ・ハンがアクション監督を務めた「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」は、「俳優は一流、非常に細かくて実力のある素晴らしい監督がメガホンをとっている、現在の香港映画を代表できる大作。まっとうな作品だと断言できる」と太鼓判を押すスペクタクル・アクション。「新少林寺 SHAOLIN」のベニー・チャン監督のもと、「激戦 ハート・オブ・ファイト」のエディ・ポンを主演に、内戦時代の中国で貧村を守ろうとする男たちの誇り高き戦いが描かれる。

 サモ・ハンと言えば、弟弟子に当たるジャッキー・チェンとの80年代の共演作で広く知られているが、「燃えよドラゴン」でブルース・リーとスパーリングを披露、ジェット・リー主演作のアクション監督を務めたほか、ドニー・イェンとも対決シーンを演じている人物だ。

 歴代カンフースターの印象について話を向けると、「まずドニー・イェンは、恐らく現代のアクション俳優としては一番いい人間だと思う。面白いことに、時代ごとにちゃんとアクション・ヒーローが出てくるんだよ。今はドニーの時代。一番いいヒーローだと思うね」と回答。ジャッキー・チェン、ジェット・リー(リー・リンチェイ)についても「(ジャッキーは)言わずもがな。長年一緒に仕事をしているけど、いまだにあれだけ動けるのはすごいし、伝説の人物だと思う。それにリンチェイもジャッキーより後の世代だけど、それでも伝説化しているんじゃないかな。やっぱりきちんとアクションができるすごい人だね」と答えた。

 そして、ブルース・リーについては「ビッグ・レジェンド」と断言。「これだけすごい人はいない。世界中の老若男女、あらゆる国の人間に影響を与えた、本当に偉大な人物」と続け、「自分にとっても彼こそがヒーロー。昔、手合わせしたことがあるから分かるけど、本当に強い。自分も含めて、一番強いのはブルース・リー。(他のカンフースターも)勝てっこないね」と笑った。

 「おじいちゃんはデブゴン」は公開中、「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」は6月10日から全国順次公開。