画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年に大阪・梅田に作られたダイキンの"空気の看板"「大ぴちょんくん」の梅雨バージョンが、6月1日から梅雨の期間中にかけて夜限定で登場する。ぴちょん君は、ダイキンのエアコン製品「うるるとさらら」のCMなどで活躍する企業キャラクター。大ぴちょん君は、空気の湿度、気温に応じて色や表情が変わる仕様となっている。

今回、ダイキンの「気温だけでなく、湿度にも気を付けてほしい」という啓発メッセージの一環で、大ぴちょん君の梅雨バージョンが登場する。いくつかの候補の中から、梅雨にふさわしいものとしてカエルが選ばれたという。

梅雨をモチーフにしたカエルの着ぐるみの大ぴちょんくんが登場し、6月1日から4日にかけて「そろそろ梅雨の季節だね! 蒸し暑いときには、温度だけじゃなく、しつどのコントロールも忘れずに!」、ダイキンが予測した梅雨入り日である5日以降は「すっかり梅雨の季節だね! 蒸し暑いときには、温度だけじゃなく、しつどのコントロールも忘れずに!」と梅雨入りしたことを伝えてくれる。なお、今後も毎年大ぴちょん君の梅雨バージョンが登場する予定だという。