おととい(5月31日)埼玉スタジアムで行われたサッカーACL「浦和レッズVS 済州ユナイテッド(韓国)」戦で、逆転負けを食らった済州選手が浦和選手に襲いかかる前代未聞の乱闘があった。延長後半9分に浦和が逆転し、アディショナル・タイムにボールを回していると、イラついた済州の選手が文句をつけ、もめているところへ控えのペク・ドンギュ選手がピッチに走り込んで、浦和のキャプテン阿部選手に肘打ちを食らわし、他の選手にも殴りかかったのだ。

ペクはレッドカードで退場。しかし、浦和が3-2で逆転勝利したあとも、済州選手は浦和の選手をしつこく追い回し、さらに2人が退場になった。浦和の選手たちは「こんなの初めて。考えられない。サッカーがプロレスになってしまった」とびっくりだ。

「競技にもマナーにも負けた。国家的なイメージまで失墜させた」

司会の羽鳥慎一「悔しいのはわかるけど、肘打ちはダメですよ」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「これはダメだねえ」

野上慎平アナが韓国メディアの反応を伝えた。「競技にもマナーにも負けた。国家的なイメージまで失墜させた」(世界日報)、「サッカーではなくプロレスをした。敗北より恥ずかしい」(ソウル新聞)と手厳しい。

長嶋「勝っておごらず、負けて腐らずの精神がないとね」

ピッチに乱入したり暴力をふるったりした選手の処分が「退場」だけだったら納得いかない。チームへの制裁も必要だろう。