6月1日(木)、『手筭治虫 生誕90周年記念 Amazing Performance W3』製作発表イベントがニッポン放送にて行われ、ベッキーさんがアンバサダーに就任しました。



出典:Nosh

ベッキーさんは、赤いトップスに、グレーの透け感あふれるスカートで軽やかに登壇。

『手筭治虫 生誕90周年記念 Amazing Performance W3』とは、漫画家・手塚治虫さんの幻の名作『W3(ワンダースリー)』を初のノンバーバルパフォーマンスとして誕生させる舞台。

実はベッキーさんは、デビュー当時に書籍『手筭治虫キャラクターグッズコレクション』で鉄腕アトムと表紙を飾っていた経験もあるということで、手塚治虫作品にはとても縁が深いそうです。

2000年に撮ったという当時の書籍を見たベッキーさんは、「初表紙だったと思います。中のページを見ましたけど、顔がパンパン!顔が丸くて地球儀って言われていました(笑)」と、恥ずかしそうに微笑みます。

ベッキーさんは、仕事をするにあたり影響を受けた人について聞かれると、「パッと思い浮かんだのは、中居正広さん」と番組共演経験のある中居さんの名前を挙げました。

「収録を一緒にしていると『早く帰りてえ』とか言うんですけど、実は前日までに台本を取り寄せて目を通して、台本を見ると書き込みとかもあるんです。そのお仕事の姿勢や情熱は影響を受けています」と熱を帯びて話した後、「あまり言うと『営業妨害だ』って怒られちゃうかもしれないですけど(笑)」と笑いを誘いました。

『Amazing Performance W3』のタイトルにかけて、最近のアメージングな経験を聞かれたベッキーさん。

「つい最近、テレビ番組のロケでNYに行きました。これまで40カ国くらい行ってるんですけど、NYは初めてで。アメージングでした!美術館を回ってアートを見たりという体験でした」と刺激を受けたと告白しました。

 

『手筭治虫 生誕90周年記念 Amazing Performance W3』はDDD青山クロスシアターにて、7月1日(土)〜7月9日(日)まで上演です!

【関連記事】

※ 大島優子、太らない秘訣は「暴れる」

※ 山本美月がお手本!ロングワンピは透け素材で抜け感を作るのが◎

※ 「斎藤工は爽やか変態!」上戸彩&吉瀬美智子がキッパリ

※ 有村架純と菜々緒、女性ならではの赤面「あるある」激白

※ 「パンチラ」「ラブホ」山本美月と永野芽郁が女子だけ赤裸々トーク