「博多ファーマーズマーケット」テーマは外カフェ、人気シェフによる地元の食材を使ったご飯など

写真拡大

「博多ファーマーズマーケット」が、2017年6月9日(金)から11日(日)までJR博多駅前広場にて開催される。

「博多ファーマーズマーケット」は、自然豊かな九州で採れた農作物を楽しめる屋外市場。九州の約40の生産者や加工業者などが自ら赴き、選りすぐりの農産物や加工品を直接販売する他、人気シェフが会場で地元の食材を調理してくれる。

6月のテーマは、「外カフェ」だ。気持ちの良い風が吹く初夏の外カフェで、人気店シェフによる”九州の春の恵み”を使ったカフェメニューと、オリジナルコーヒーが楽しめる。カフェメニューは、地元の新鮮な野菜をたっぷりチキンと挟んだタコスや、博多和牛ハヤシライスなど。

ここでしか飲めないドリンクも登場する。長崎県の「川田農園」と山口県の米麹をつかった酵素スムージーとスープ専門店「Maazel Maazel」がコラボレーション。川田農園のフルーツを使ったオリジナルスムージーが楽しめる。

また、大分県のコーヒーショップ「suzunari coffee」とコラボレーションしたオリジナルコーヒーは、ドリップパックを先着でプレゼントする。大分県出身のデザイナー ・太田浩子による日替わりのラベルにも注目だ。

【イベント概要】
博多FARMERS’ MARKET
期間:2017年6月9日(金)〜11日(日)
時間:11:30〜19:00
場所:JR博多駅前広場
住所:福岡県福岡市博多区 博多駅中央街1-1

■出店店舗
ブルーマスター、Treaf、竹千寿、柚子胡椒専門店 会員制 伍代長谷部、茶の葉堂、一般社団法人シードマイスター協会、ビオ・マルシェ、ひもの大嶋屋、JAみなみ筑後柑橘部会青年部、Olive Capanna、ベジハート、ガストロノミー エルミタージュ、奥八女星野茶 高木茶園、長糸コンタ、グリルmamenoki、博多赤もんたん、松きのこの里、タウンスクエアコーヒーロースターズ、博多悠雅、国産モリンガ専門店ライフパピヨン、KAKA、五島うどん マルマス、五島列島漁師手づくり網元・清兵衛、川田農園、松本農園、五島手延べうどん協同組合、ぽてと倶楽部、大石商店、橋本さん家のアスパラ、長岡順やさい、鶴製茶、JR九州ファーム、観光酒蔵 肥前屋、池田製茶、株式会社コワダヤ、三清屋、鹿児島・大隅半島よかど市、Maazel Maazel、sunao831、佐川急便宅配ブース


[写真付きで読む]「博多ファーマーズマーケット」テーマは外カフェ、人気シェフによる地元の食材を使ったご飯など

外部サイト

  • スタバ×ビームス、キーホルダー型スタバカード「タッチ ザ ドリップ」夏の新色限定発売
  • 進化する人気菓子 - 森永、ハーゲンダッツ、ロッテなど”スイーツの新しい形”
  • 旬の”メロン”を食べ尽くし!全国で味わえるスイーツ&カクテル特集