マークセン、今季シニア初勝利へ向けて虎視眈々(撮影:標英俊)

写真拡大

<すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント 2日目◇2日◇イーストウッドカントリークラブ(6,836ヤード・パー72)◇賞金総額5,000万円>
 栃木県のイーストウッドカントリークラブで開催されている、2017年PGAシニアツアー第2戦「すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント」2日目。全選手が競技を終え、昨季賞金王のプラヤド・マークセン(タイ)がトータル11アンダーまでスコアを伸ばし、首位を守った。
年々盛り上がりを増すシニアツアー!フォトギャラリー
 マークセンと同スコアで並ぶのは、パク・ブーウォン(韓国)。この日"65"を出した東聡が1打差の3位に浮上した。
 2打差の4位には金鍾徳(韓国)、3位差の5位タイには、地元の試合で気合が入る崎山武志、そして米山剛がつけている。
【2日目の順位】
1位T:プラヤド・マークセン(-11)
1位T:パク・ブーウォン(-11)
3位:東聡(-10)
4位:金鍾徳(-9)
5位T:米山剛(-8)
5位T:崎山武志(-8)
7位T:室田淳(-7)ら5名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

すまいーだカップ フルリーダーボード
各選手のプレーをチェック!すまいーだカップ ホールバイホール
45歳で一念発起の無名プロ…山中拓がシニアデビュー戦で首位発進
【動画レッスン】ゴルフで腰痛持ち?70歳でも220ヤード飛ばせます!
【レッスン】シニアが習得すべき、体に優しいボディターン