画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アドビは6月1日、スマートフォンやタブレットのカメラ機能を使い、自動テキスト認識からPDF化までが行えるモバイルアプリ「Adobe Scan」の提供を開始した。契約書や領収書などのPDF化もPCなしで実行できる。アプリはiOSとAndroidに対応し、無料で利用できる。

Adobe Scanで紙の書類を撮影すると、エッジの検出や切り抜き、ゆがみ補正、オートクリーニング、影の削除といった処理を自動で行い、高品質のPDFファイルを作成。作成したPDFファイルは、OCR(光学式文字認識)によりテキスト認識が行われるので、PDF内テキストのコピーやテキストの検索にも対応する。

また、PDFソリューション「Acrobat DC」や電子サインソリューション「Adobe Sign」と連携することで、経費精算における領収書の処理や契約書の締結などの業務を、スマートフォンやタブレットのみで行えるようになるという。なお、Adobe Scanのリリースに合わせてAdobe Signもアップデート。クラウドベースの電子署名に対応し、タッチ操作非対応のPCでも手書きの署名を電子データで取得できるようになるなど機能が強化されている。