張本智和【写真:Getty Images】

写真拡大

13歳がリオ五輪銅の水谷から大金星、「握手」のスポーツシップに称賛の声も

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦で史上最年少の13歳で日本代表入りした張本智和(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪銅メダルの27歳、水谷隼(木下グループ)を4-1で撃破した。世界の舞台で大金星を挙げた天才少年の戦いぶりを国際卓球連盟(ITTF)は動画で特集。世界の卓球ファンにも「なんてことだ!」「未来の世界ランク1位だ」「アメージングな才能だ…」と衝撃が広がっている。

 日本を背負う次代のエースが、世界屈指の実力者相手に下克上を達成した。第1ゲームから猛攻を仕掛けた張本は、気合いの雄叫びを連発しながら3ゲーム連取。第4ゲームは奪われたが、第5ゲームを制し、歴史的な大番狂わせを成し遂げた。

 日本の卓球界を揺るがす1勝となったが、その反響は国内にとどまらず、瞬く間に世界へと渡った。

 ITTFのYoutube公式チャンネルでは「2017世界選手権 トモカズ・ハリモトのインタビュー」と特集し、試合後の談話を伝えている。

「勝てると思っていなかったので、本当に嬉しいです。最初からずっと思い切り攻めて行って、攻め切ることができたのが良かったです」

 試合中の厳しい勝負師の表情から、あどけない13歳に戻った張本はこう語った。

「卓球は年齢は関係ないと思っている。本当に、オリンピック銅メダリストに勝つことができて嬉しいです」

卓球ファンから驚きの声「エイプリルフールはとっくに過ぎたのに」

 強烈なショットで水谷を追い詰めた張本は、マッチポイントを制すると両手でガッツポーズ。そして、右手を力強く突き上げると、勝者を潔く称える水谷の差し伸べた手を握り、深く一礼している。

 怪童が挙げた大金星に、世界の卓球ファンは衝撃を受けている。動画のコメント欄には、驚きの声が集まった。

「なんてことだ」

「ミズタニはハリモトを過小評価していた」

「エイプリルフールはとっくに過ぎたのに。すごく混乱している」

「待って、どういうこと???」

「これって信じられない」

「ジュン・ミズタニに何が起きたんだ」

「言葉がないよ」

 27歳の五輪メダリストが、13歳に敗れた事実に信じられない様子だった。

敬意示した握手を称える声も「ハリモトには素晴らしい未来が待っている」

 一方で、張本の躍進を期待する声も多かった。

「未来の世界ランク1位だ」

「アメージングな才能だ」

「FZD(世界ランク2位・樊振東の略称)にハリモトがどう対抗するのか本当に見たい」

「もし、馬龍(世界ランク1位)に勝てるとすれば… 新チャンピオン、ようこそ」

 恐るべき神童のポテンシャルを絶賛する声に加え、スポーツマンとしてのマナーの素晴らしさを称える声もあった。

「ハリモトには素晴らしい未来が待っている。とても敬意を込めた握手もそうだ」

 水谷への敬意を示した深い一礼とともに握手をしたことで、人間性にも高い期待が寄せられている。

 世界のファンを震撼させた13歳は、次代の世界NO1候補としての評価を手にした。