BIGBANGのT.O.P、検察の処分に関心集まる…「再入隊」「懲戒」「外泊」3つのキーワードに注目

写真拡大 (全2枚)

大麻を吸った容疑で告発されたBIGBANGのT.O.Pが、検察調査まですべて終えたと知られた。検察は起訴するかを決め、処分を下す予定だ。裁判所で1年6ヶ月以上の懲役刑が言い渡された場合には、再入隊しなければならない。

T.O.Pの容疑をめぐる3つの論点に関心が集まっている。

1.検察の処分:実刑(再入隊) vs 執行猶予(善処)

実刑ではなく、執行猶予となる可能性も高い。(容疑が認められた場合) T.O.Pは麻薬類の容疑としては初立件である。初犯であることが考慮され、善処される可能性もある。

現在、T.O.Pはソウル警察庁楽隊(ソウル楽隊) に所属している義務警察だ。5月30日に外泊を申し込んだT.O.Pは、3泊4日間の外泊を終えて本日(2日) 復帰する。大麻喫煙は入隊前である昨年10月に発生したことだが、調査の結果、1年6ヶ月以上の懲役刑となれば「退職」と処理され、懲役を終えてから再入隊しなければならない。

しかし、再入隊となる可能性は低い。執行猶予となる可能性が高いというのが業界の分析だ。しかし、“甘い処罰”という批判から逃れることはできないと見られる。また、YG ENTERTAINMENTでは類似した議論が発生したアーティストが過去にいたことから、事務所の管理能力に関する議論も広まると予想される。

2.軍の処分:懲戒されるか

検察調査の結果だけでなく、ソウル楽隊(軍) 側の懲戒についても関心が集まっている。

ソウル楽隊側はTVレポートとの取材に対し、「軍内での懲戒処分を検討する段階ではない。検察調査の結果が出てから検討できる」とし処分については慎重な姿勢を見せた。すべての検討は、検察調査の結果が出てから始まるという。

しかし、軍内の懲戒の可能性も低いと分析されている。事件は軍入隊前に発生しているものであるためだ。もちろん、1年6ヶ月以上の懲役刑となれば、規定に従って懲戒処分が下されるが、軽い刑となった場合は懲戒を避けることができる。

3.外泊:ルールを守ったか

T.O.Pの今回の外泊に関する関心も高い。ルール違反ではないかという一部のネットユーザーの疑念もあったが、規定を遵守したものであることが知られた。

ソウル楽隊側はTVレポートとの取材に対し「営外活動は、転入1ヶ月後に可能である。定期外泊は2ヶ月周期内で個人別に1回(3泊4日) 行い、T.O.Pは今回2回目の定期外泊中だ。規定通りに実施している」と明かした。T.O.Pがルールを違反したことはないという。

警察側によると、警察・検察側がT.O.Pの召喚調査を要請した場合、積極的に協力する必要がある。外泊の規定とは関係なく、召喚に応じる義務がある。召喚に応じない場合はT.O.Pに不利な状況に流れる可能性があり、召喚に応じる必要があるという。

現在、T.O.Pは警察・検察の召喚にすべて応じ、調査を終えた状態だ。通常、検察の処分を受けるまで短い場合は3〜4ヶ月、長い場合は6〜7ヶ月が所要される。

BIGBANGのT.O.P、大麻吸引ニュースに激震…今後の動向に関心集中

BIGBANGのT.O.P、20代女性練習生と自宅で大麻吸引…女性の告白で明らかに「大麻を燃やした」