総選挙中間速報で1位のNGT48・荻野由佳、小林幸子らと田植えに汗流す

写真拡大

 5月31日に行われた【第9回AKB48選抜総選挙】の中間速報で、松井珠理奈、指原莉乃、渡辺麻友らを抑えて1位となり、思わぬ“伏兵”として話題となったNGT48の荻野由佳だが、一夜明けた6月1日には、活動拠点である新潟でいつも通りの地域密着活動にいそしんだようだ。

 新潟・長岡市の山古志地域で、演歌歌手の小林幸子が中越地震以降続けている【山越地域『小林幸子田(でん)』田植え】に初参加したNGT48の荻野由佳、小熊倫実、山田野絵。4月に行われたNGT48のメジャー・デビュー記念イベントにサプライズ・ゲストとして登場し、メンバーを祝福した小林へのお礼という形で参加した3名は、初めての本格的な田植えに悪戦苦闘しながらも、地元の農家や山古志小学校の児童らとともに稲植えを行った。

 「NGT48のママとして、本番でも1位を取ったらどうしますか?」と取材陣に質問された小林は、「“メガ幸子”をあげちゃう」と、NHK紅白歌合戦のステージで披露した巨大な衣装をプレゼントするという驚きの公約を宣言し、これにはメンバーも「本当ですか!」と大喜び。また、荻野は、「新潟のためにも貢献したいです」とコメント。総選挙本番に向けて決意を新たにした。

(c)AKS