TWICE

写真拡大

・ブームを起こすのはガールズグループ?

この夏、韓国から2組の大型ガールズグループが日本に上陸する。2PMやWonder Girlsを生んだJYPエンターテイメントが送り出すTWICEと、BIGBANGが所属するYGエンターテイメントが2NE1以来、7年ぶりに誕生させたガールズグループBLACKPINKだ。TWICEは6月28日にベストアルバム『#TWICE』で日本デビューし、7月2日には東京体育館で初の単独ライブを開催。BLACKPINKは7月20日に日本武道館で初来日公演となる単独ライブを行い、8月20日にミニアルバムで日本デビューを飾る。共に日本での初の単独公演が1万人規模の会場で行われることや、すでに地上波の情報番組や音楽番組に取り上げられるなど、事務所の力の入り具合が窺える。韓流ブームが終焉したと言われて久しい日本において、韓国エンタメにまつわる久しぶりの大きなトピックだ。

2003年の『冬のソナタ』、「ヨン様」の流行をきっかけに発生した韓流ブームは、少女時代やKARAが日本デビューした2010年頃からK-POPを中心とした第2次ブームを迎えた。少女時代の“Gee”、KARAの“ミスター”など、真似したくなる振付とキャッチーな楽曲がお茶の間に浸透。彼女たちは共に2011年に『NHK紅白歌合戦』に初出場している。もちろんK-POP人気の立役者として、現在も日本で高い人気を誇る東方神起の功績は計り知れないが、ブームを形成する上で老若男女の支持を得やすいガールズグループの存在は大きい。

・「TT」ポーズで大衆の心をつかむTWICE
そんなかつての“Gee”や“ミスター”になり得る楽曲がTWICEの“TT”だ。TWICEは、サバイバル形式のオーディション番組『SIXTEEN』を経て2015年にデビューした平均年齢19歳の9人組。韓国国内だけでなくアジアを視野にいれた活動を行うK-POP界において、多国籍なグループというのはもはや珍しくなく、TWICEも韓国人メンバー5人に加えて、台湾出身のツウィと、日本出身のミナ、サナ、モモの3人から構成。先述した“TT”と、“Like OOH-AHH”“CHEER UP”の3曲のPVのYouTubeでの合計再生回数が4億回に達するなど、デビュー1年強にして数々の記録を打ち立てている。

顔文字「(T_T)」のようなポーズが韓国でも人気を集めた“TT”のダンスは、日本でもすでに女子中高生を中心に多数の「踊ってみた」動画が投稿されるなどブームの兆しを見せている。泣き顔で「TT」ポーズをするメンバーのキュートさはもちろん、韓国語ながら口ずさみたくなるキャッチーなフレーズと軽快なメロディーや、大所帯のグループであることを活かしたフォーメーションダンスも魅力。“TT”の約半年前にリリースされた“CHEER UP”のPVではチアリーダーに扮した彼女たちだが、見るものを元気づけてくれるようなはつらつとした親しみやすいキャラクター、ポップな楽曲群に真似したくなる振付と、K-POPに馴染みのない大衆にもアピールできるポテンシャルを十分に備えている。

・同性が憧れる「ガールクラッシュグループ」BLACKPINK
一方のBLACKPINKは昨年惜しくも解散した先輩グループ2NE1の路線を踏襲した、クールでカッコいい姿が印象的。昨年本国でのデビュー前に公開されたダンス映像では、揃って黒い衣装に身を包んだ4人がキレのある動きを披露して期待をあおり、2週間でYouTube再生回数400万回を突破した。

メンバーはニュージーランドに留学経験のあるラップ担当のジェニー、彼女と同じく韓国出身のボーカリスト・ジス、タイ出身のラッパー・リサ、オーストラリア出身のボーカル・ロゼとこちらも多国籍。オーディション番組を通してデビュー前からメンバーが知名度を獲得していたTWICEとは異なるが、BIGBANGのメンバーのソロ曲のPVに出演していたり、モデルとして広告に出演したりと、デビュー前から顔が知られていたメンバーもいる。日本デビュー作にはこれまで本国で発表されていた楽曲全てが日本語バージョンで収録される予定だが、本国でのデビュー曲“BOOMBAYAH”“WHISTLEは、共にBIGBANGや2NE1を手掛けたYGエンターテイメントのプロデューサーTEDDYがプロデュースした楽曲で、前者はダンスホールやEDMを取り入れたアッパーなトラック、後者は口笛の音が印象的な音数の少ないヒップホップになっている。