身体ごとゲームの世界にダイブ!圧倒的な没入感に酔いしれろ

写真拡大

セガ エンタテインメントは、同社が運営するアミューズメント施設「クラブセガ秋葉原新館」6階に、VR(バーチャル・リアリティー=仮想現実)アトラクションを楽しめる「SEGA VR AREA AKIHABARA(セガ・ヴィーアール・エリア・アキハバラ)」を2017年5月31日に新規開設。第1弾として「MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION(モータル・ブリッツ・フォー・ウォーキング・アトラクション)」を導入した。

ヘッドマウントディスプレイ装着、歩きながらモンスターを倒していく

韓国スコネックが開発したというFPS(1人称視点シューティング)VRアトラクション。身体ごとゲームの世界に"ダイブ"して、実際に歩きながらモンスターを倒していくアドベンチャーガンシューティング。

プレイヤーがヘッドマウントディスプレイなどを装着すると、何もない空間にゲーム世界が広がり、全身を使ってゲームを体験できる。最新のVR技術と高画質により、歩きながらプレイするVRアトラクションの中でも、特に圧倒的な仮想現実への没入感を楽しめるという。

プレイ時間は8〜15分(プレイ状況により変化)。プレイ人数は1人ずつ、フィールドに最大3名。料金は1500円。