毎日「大好き♡」「俺も大好きだよ♡」と甘い会話をしていたカップルが次の日には別れていた、なんてよくある話ですよね。
これはなぜなのでしょうか?
ラブラブに見えたのにすぐ破局してしまうその理由について探ってみました!

|昔とは違う環境の変化





出典:Shutterstock.com

まず、SNSの普及が大きいようなんです。
インスタグラムの1枚の写真、ツイッターのつぶやきひとつとっても“リア充”な内容のほうが「いいね」もつきやすいと思いませんか?
そんな“リア充”な内容に欠かせないのがずばり恋人の存在。
ラブラブな毎日を記録したカップルアカウントは大人気なんです♡
「なんとなくカッコいいし」「付き合ってる人いないしとりあえず」と軽く考えてしまっている人は少なくありません。
たしかにここまでSNSが普及していなかったときはラブラブな毎日を他人に見せるなんて恥ずかしい、という感じだった気がしますよ…! 当時を振り返ってみると、SNSより大事なものが見えてくる気がしますね!

|別れや浮気が容認されていること





出典:Shutterstock.com

「やっぱり別れました」とラブラブカップルが突然の破局を迎えてもだいたいの人はすんなり受け入れてくれます。
別れることに対して珍しさもないし驚きもナシ。
浮気や不倫もよく聞く世の中です。
話を聞いても特になにも思わない人が多いからこそ気軽にラブラブアピールできているのかもしれません。
「今ラブラブなんだからOKでしょ!? 」ということみたい。
こんな世の中の流れがカップルたちにも影響しているんですね。
お母さん世代が聞いたらまちがいなくビックリな事実!

|熱しやすい分冷めるのも早い





出典:Shutterstock.com

好きになってお互い盛り上がると幸せで楽しい時間が過ごせますよね♡
毎日好きって言い合ってみたり人前でキスしてみたり。
でもやっぱりそんな経験をした人に話を聞くと、幸せの絶頂期は付き合ってすぐがピーク!
ピークを過ぎるとあっという間に冷めてしまって「なんで好きだと思ったのか分からない」「その場のノリだったのかも」なんて後から言い出す人もいるくらいです。
ドキドキは3ヶ月もすれば消えてしまいます。
“相手のことを本当に好きなカップル”はずっとラブラブでいられるけど、“恋愛絶頂期の恋してる幸せな自分が好き”なだけの場合はすぐ破局してしまうのかも。

ただまわりから「ラブラブだね」と言われるようなカップルを目指すのは危険かもしれません!
ラブラブ自慢をするよりも本当に大好きだと思える人をひとり見つけましょうね♡