画像

写真拡大

 エクスペリアンジャパンは同社のMAツールであるCCMPの機能強化を発表した。今回追加されたのは、CMSで作成したWebコンテンツを、URLを指定することでスムーズにCCMP内に取り込みメールに挿入できる「外部コンテンツブロック機能」だ。

 エクスペリアンジャパンは、同社のMAツールであるExperian Cross-Channel Marketing Platform(以下、CCMP)の機能強化を発表した。

 今回追加されたのは、コンテンツのURLを指定することで、CMSで作成したWebコンテンツをメール作成時のコンテンツブロックとしてCCMP内に取り込むことができる「外部コンテンツブロック機能」。これによりCCMPユーザー企業は、今まで手作業で行っていた外部コンテンツのメールへの差し込み作業をスムーズに行うことができるようになる。

 さらに、外部コンテンツブロック機能では、CCMPからメールが配信される直前にCMS上のコンテンツを取得する仕様のため、常に最新のコンテンツを活用したメール配信が可能となる。

MarkeZine編集部[著]