博多祇園山笠に“スター・ウォーズ山笠”

写真拡大

今年は、シリーズ最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が劇場公開される(12月15日〜)年。そんなファンの期待高まる2017年、日本三大祇園祭のひとつ「博多祇園山笠」にて、「スター・ウォーズ」のキャラクターが飾られた“スター・ウォーズ山笠”の制作が決定し、このたびデザイン画が解禁となった。

記録的大ヒットとなった前作「フォースの覚醒」が公開された2015年には、さっぽろ雪まつりの“雪のスター・ウォーズ”を皮切りに、青森の“スター・ウォーズねぶた”“田んぼアート”、京都での“スター・ウォーズ/フォースの覚醒 風神雷神図屏風”などを制作。地域の熱気と共に様々な“スター・ウォーズ現象”が生み出された。

そして、待望の続編「最後のジェダイ」が公開となる2017年は、2月のさっぽろ雪まつりの“白いスター・ウォーズ”でスタート。そして、その熱は一気に日本列島を駆け抜け福岡へ。776年の伝統を誇る国の重要無形民俗文化財で、昨年末には「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産にも登録された伝統行事「博多祇園山笠」に“スター・ウォーズ山笠”が登場することとなった。

博多祇園山笠は、7月1日から15日までの開催期間中、300万人、特に最終日7月15日に行われるクライマックスの“追い山”では舁き手(かきて。山車を担ぐ人)と呼ばれる総勢1万人近くの参加者が、8つ山笠をそれぞれの舁き手が交代しながら担ぎ、夜明けの博多の街を駆け抜ける。

「スター・ウォーズ」キャラクターが飾られるのは、“走る飾り山笠”とも言われる「八番山笠 上川端通」で、高さ13メートル(予定)、重さ2トンという、実際に走る山笠では最大のもの。発表された“スター・ウォーズ山笠”は、ルーカスフィルムが監修、お馴染みのC-3POとR2-D2やキュートな姿で大人気のBB-8らドロイドはもちろん、ダークサイドを思わせる真っ赤な炎の中のカイロ・レン、そして前作で“フォース”を覚醒させたヒロインのレイが青い波を背景にカイロ・レンに挑む様な姿が描かれた迫力のデザインとなっている。

「八番山笠 上川端通」では洋画を題材にした山笠の制作は史上初の試みという“スター・ウォーズ山笠”は、7月1日〜14日まで上川端商店街(福岡市博多区)に飾られ、同12 日の“追い山馴らし”、同15日の“追い山”で、初夏の博多の街を駆け巡る事になる。

今回の“スター・ウォーズ山笠”の登場にあたり、博多祇園山笠 八番山笠 上川端通 本年の代表にあたる総務の帆足直之氏は「ユネスコ無形文化遺産登録後、初めての博多祇園山笠行事を迎えますので、世界に発信する山笠と位置付け、“スター・ウォーズ”を題材に選びました。巨大な“走る飾り山笠”を博多で実際にご覧ください」とコメント。また、制作にあたる人形師の田中勇氏は「昨年ユネスコ無形文化遺産に登録された博多祇園山笠に、世界的な人気を誇る『スター・ウォーズ』の博多人形を制作させていただけることとなり、大変光栄であるとともに大きな重圧も感じております。日本のみならず世界中の皆様に喜んでいただける作品にできるよう、現在鋭意制作中です」と語っている。

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日(金)より全国公開。