北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会の代弁人(スポークスマン)は1日、朝鮮半島情勢を極度に悪化させている張本人は米国であると糾弾する談話を発表した。朝鮮中央通信が同日、報じた。

談話は、「米国が『カール・ビンソン』号原子力空母打撃団と『ロナルド・レーガン』号原子力空母打撃団を朝鮮東海に送り込んで合同軍事訓練を行うと共に朝鮮半島有事の際に投入される核戦略資産を近代化して攻撃力を高めることにヒステリックに執着している」と指摘した。

また、「表では『平和』をけん伝し、その幕の裏で侵略戦争の準備に拍車をかけながら機会だけをうかがう米国の狡猾な正体をわれわれは長い朝米対決の歴史を通じてあまりにもよく知っている」と指摘した。

さらに、「米国が現実を直視できず、引き続き勝算のない軍事的対決を追求するなら、われわれは米国をあくまで苦しませる用意があり、さらなる『贈物包み』を与えるであろう」と警告した。