パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている浜田美由紀さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。美由紀さんは、黒髪のミディアムボブを内巻きにし、ピンクベージュのとろみシャツに、紺色のガウチョパンツを合わせていました。ナチュラルメイクで透明感のある素肌に、太目の眉毛がパウダーで整えてあり、知的そうな印象を受けました。薄いピンク色のネイルに、革ベルトの腕時計、フラットシューズタイプのパンプスを合わせていて、清潔感があります。

「いつもタワーマンションの前を通るたびに、悔しくて胸が苦しくなるんです」

現在、メーカーの営業事務に派遣社員として働いている美由紀さんは、唐突にこう話し出しました。

「高収入限定の、婚活サイトに登録をしようか迷っているんですよ」

“常に複数の派遣会社に登録をして、気になった求人は検討リストにを入れている”と言います。そんな彼女に、どうして派遣で働いているのかを聞いてみました。

美由紀さんは神奈川県の川崎市出身。自動車販売店の営業職だった父と、看護婦の母、3歳年下の弟の4人家族で育ちました。

「父は元々、お酒とか好きな人で。朝まで帰ってこなかったりした記憶がありますね。気づいたら、父は別邸があったみたいで、どんどん家を空けるようになって。基本的には母が働いて、家のこともやっていましたね」

看護師だった母が、一家の大黒柱として働いていたそうです。

「母の実家が近かったので、弟と一緒におばあちゃんの家で過ごすことが多かったんですよ。母の夜勤がある時とか、祖母の家に預けられて。結構、古い民家で線路沿いに建っていたから、電車が通ると揺れたりしたんですよ。補修するにもお金がかかるって言って、ボロいまま住んでいて。それが嫌でしたね」

成績も運動も、ごく普通の学生だったと言います。

「中学は地元の公立に通っていました。部活動が盛んな学校だったので、バトミントン部に入っていました。大会には出場するけれど一回戦負け、みたいなレベルで。スポーツも本気という訳ではないし、高校に行ったら何をしようって迷っていましたね」

周りには語りませんでしたが、彼女には将来なりたい職業があったそうです。

「高校の時に、東京に遊びに行ったら、雑誌の読者スナップみたいのに声を掛けられたんですよ。普段は、地元から都心の方まで出るのに距離があるから、読モとか考えたことはなかったのですが。でもその頃から、キャビンアテンダントになりたいっていう夢はなんとなく本格化しましたね」

塾の費用や大学の受験料などを考え、早い時期に推薦で決めた方が良いと考えます。

「大学は推薦が取れそうだったので、わりと聞こえが良い女子大に進学しました。就職先に航空業界も含まれていたので、なれなくもないかなと楽観的に考えていました」

大学内で内部進学生との格差を実感する日々

希望通りの学部に進学し、順調に見えた学生生活でしたが、徐々にコンプレックスを感じ始めます。

「それまで、あまり意識をしたことがなかったのですが、付属校から大学に進学してきた同級生って、なんか違うんですよ。英語を主体とした学科だったのですが、付属からの進学組は、親のお金で短期留学とか、ゼミの海外研修に数週間かけて行くんですよ」

学生時代は、チェーン系の居酒屋でバイトしていたと言う美由紀さん。

「うちは進学した時に、親から“留学や、海外研修がある授業は自分のお金で行って”と言われていたので。簡単に海外に留学できる同級生を見て、ちょっとショックでしたね」

さらに、地元で過ごしていた友人達とは違った育ちの大学の同級生と出会い、その思いはいつしか嫉妬と憧れに変わります。

「同級生の家に遊びに行ったら、タワーマンションに住んでいたんですよ。実家が、区画整理の建て替えで立ち退きすることになって、タワマンに移り住んだらしいのですが、エントランスからなにからホテルみたいに立派で。子供の頃に過ごした、おばあちゃんの家を思い出して、辛くなりましたね」

彼女の夢は、優雅な暮らしの象徴である“タワマンに住むこと”になっていきます。

「地元の駅から数駅で、二子玉川とか、武蔵小杉の駅に出られるんですよ。どちらも、自分が子供の頃と全然違って、駅の近くにショッピングモールができたり、タワーマンションが乱立しているんですよ。それを見るたびに、羨ましくて“いつかあそこに住みたい”って考えるようになりました」

虚栄心が強いため、就活で失敗はしたくなかったと言います。

「就活の最初のうちは、航空業界に行きたいっていう夢もあったのですが、ダブルスクールしている同級生とかを見て、これは厳しいなって感じて就職浪人するなら、別業種に方向転換しました」

キャビンアテンダントにはなれなかったが、空港内のスタッフの求人を見かけると、応募しようか悩んでしまう。

学生時代からの夢だったキャビンアテンダントを諦め、留学カウンセラーへ。SNSで勝ち組の暮らしをウォッチする日々。その2に続きます。