首位と2打差につけた鈴木亨(撮影:標英俊)

写真拡大

<すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント 2日目◇2日◇イーストウッドカントリークラブ(6,836ヤード・パー72)◇賞金総額5,000万円>
 2017年PGAシニアツアー第2戦「すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント」が6月1日(木)に開幕。初日を終えて、6アンダー・首位に立ったのは2016年度の賞金王、プラヤド・マークセン(タイ)と、パク・ブーウォン(韓国)、山中拓。
おじさん達の熱き戦い!シニアツアーのフォトギャラリーはこちら
 5アンダーには尾崎直道、盧建順(台湾)、金鍾徳(韓国)、原田三夫の4人がつけ、4アンダーには鈴木亨ら8選手が並んでいる。
 2打差を追う鈴木は「ミズノオープンでも頑張れたし、ちょっとづつ自信が出てきている。(レギュラーとシニアの)2つのツアーで活躍されている室田さんは凄いですし、自分もまだまだ老け込まないようにしたい」と初優勝へ気合を入れる。
 「2日間大会には弱い鈴木亨ですから、3日間以上の大会は頑張らないと。今日の感じですとスコアの伸ばしあいになるかも知れないですね」と展望を語った。
【初日順位】
1位T:山中拓(-6)
1位T:パク・ブーウォン(-6)
1位T:プラヤド・マークセン(-6)
4位T:盧建順(-5)
4位T:尾崎直道(-5)
4位T:金鍾徳(-5)
4位T:原田三夫(-5)
8位T:倉本昌弘(-4)ら8名
<ゴルフ情報ALBA.Net>


<ゴルフ情報ALBA.Net>
詳しい順位はリーダーボードでチェック!
今年もシニアは1試合増!賞金総額も過去2番目に
片山晃の新レッスン「50歳でなぜ250ヤード飛ばない?」
【誰も言わなかった真実】シニアが習得すべき、体に優しいボディターン(序章)
こだわるワケ、変えたワケ…ツアー現場の“裏ネタ”