浅野忠信、田中麗奈ら実力派キャストが
不器用な大人たちを演じる (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

写真拡大

 直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説を、浅野忠信と田中麗奈の主演で映画化した「幼な子われらに生まれ」の予告編が公開された。

 バツイチ同士で再婚した中年サラリーマンの信と妻の奈苗を中心に、「普通の家族」を築くことができない不器用な大人たちの姿を描いたヒューマンドラマ。信は、良きパパを装いながらも妻の連れ子の薫とうまくいかない日々が続いているが、奈苗は新しい命を宿し、新しい子が生まれることで全てがうまくいくと信じている。しかし、そのことで長女の薫は、血のつながらない信に対してますます辛らつになっていき、ある日「本当のパパに会いたい」と言い出す。

 予告編には、逃れることのできない「家」に帰る主人公・信の後ろ姿や、「子どもってね、こっちをがんじがらめにしちゃうんだよね」という奈苗の元夫のつぶやき、「理由は聞くくせに気持ちは聞かない」と責める信の元妻など、登場人物の思いが激しくぶつかり、継ぎ接ぎだらけの家族が、子どもを介して徐々にちぐはぐになっていく様子が映し出されていく。

 信を演じる浅野、奈苗に扮する田中のほか、再婚した相手は末期がんで後悔だらけの人生を送っている信の元妻・友佳を寺島しのぶ、自由を選び家族を捨てた奈苗の元夫を宮藤官九郎が演じ、豪華実力派キャストが不器用な大人たちのアンサンブルを奏でる。また、物語を動かす役どころとなる薫役を、「nicola」専属モデルで演技初挑戦の南沙良が演じている。監督は「ぶどうのなみだ」「繕い裁つ人」の三島有紀子、脚本は「海を感じる時」「さよなら歌舞伎町」のベテラン、荒井晴彦。8月26日から全国公開。