合流初日のFW本田圭佑、国内復帰の可能性を問われ否定「海外の2メートルの男と喧嘩したい日本人がいる訳です」《海外組合宿》

写真拡大 (全4枚)

▽日本代表は1日、千葉県内で海外組合宿5日目を実施した。

▽練習終了後、合流初日のFW本田圭佑(ミラン/イタリア)がメディアの取材に応対。来季の去就について言及した。また、日本への移籍の可能性について問われると、「海外の2メートルの男と喧嘩したい日本人がいる訳です」と否定している。

◆FW本田圭佑(ミラン/イタリア)

(C)CWS Brains,LTD.
──調子はどうか

「今日合流して、チームはまだ全員合流していないですし、ただ気候も良いですし、調整しやすいです」

──クラブでは最後の2試合に出場したが

「フィジカル的には問題ないです。感覚的なところはやってみないとわからないです」

──去就含め来シーズン、ワールドカップへつなげるためには

「あまり絞ってはいないですね。幅は広く、頭は柔軟にしていて、どんな話でも聞いてみようという心構えでいます」

──試合に出られること優先か

「試合に出ることを優先して移籍をしたということが過去にないです。自分が面白い、成長できる、刺激的なところに常に挑戦心を持って行っています。面白くて行きたいクラブがあるかどうかが重要ですね。その次に出られるかどうかを考えはするんでしょうけど、それが最初には来ないです」

──刺激とは

「同じルーティンが好きじゃないです。環境もそうです。常に未開の地であったり、自分の知らないエリアに行くということが好きです。自分の考え方からくるあらゆる好奇心が一言で言えば刺激に近いと思います」

(C)CWS Brains,LTD.
──今まではチームの格、リーグの格でチョイスしていたところもあると思うが

「話すと長くなるが、この自分のミランでの3年半を経て、ミランに移籍する前と今移籍先を探しているところで考え方は変わっています。一言で言えば、格は最優先事項ではないです」

──すでに話が来ているところ、来る可能性があるところについてどう考えているか

「まだなんとも言えないですね。自分が移籍が決まっていない時点で、自分が納得いくオファーが来ていないということですから」

──欧州では移籍のオファーのサイクルがあると思うが

「まずはだいたいビックネームが動きます。まだニュースを追っていないですけど、ビックネームはまだ動いていない。僕はビックネームの次くらいだと思っています。そのトップ選手たちが動いた後、何かしら次の中堅どころの選手たちに玉突きのように動いてくると思います。どれだけトップクラブがお金を使うかという移籍市場は見えてくる。その1、2週間でトップ選手がどう動いてくるかは大事になってくると思います」

──刺激という言葉から移籍先に日本というのはないか

「正直に言うと日本という選択肢はないです。悪くは捉えないでくださいね(笑)」

「日本には僕がいなくても、頑張っている選手がいます。日本では少し窮屈で、海外の2メートルの男と喧嘩したい日本人がいる訳です。そういうところに刺激を求めていく人が日本にもいなくてはいけないです。僕らの役割分担も職種に関わらずあると思っています」

──喧嘩したいとは

「喧嘩はそんなに好きじゃないですよ(笑) ただ、10年近く海外にいますけど、何度も言うように許せないシーンというのはサッカーだけでなく、生活の中であって、その度に『日本人をナメるな』というところを伝えてきました。そういうものは僕にとって非常に大事で、人生において一番価値のある戦いだと思っています」

「特に、権力を振り回される系が許せない。常識が大嫌い。『普通はとか言うが、普通って何や?』って考えてしまいます。ロシアでも多々ありました」

(C)CWS Brains,LTD.
──イタリアは?

「イタリアもまあ…良い部分もたくさんありますし、もちろんこの話の流れから言えば、あまり良くないこともあります。新しいことを取り入れるのは、イタリアは苦手。よそ者はあまり受け付けたくないというのが良くも悪くもあって、だからこそ歴史があって、歴史を大事にしますけど」

「あとは古い人を大事にしますね。成功者であれば。おじいちゃん、おばあちゃんみたいな成功者をいつまでも大事にします。なんとも言えないですね、メリットもデメリットもありますので」

──移籍先としてアメリカや中国もあって、未開の地ではあると思うが

「基本的にはオープンマインドです。実際に皆さんもご存知のように、冬でもしっかり検討しましたし、あまり固くはなっていないです。とりあえず聞いてみる、話してみたいし、全部閉じているわけではないです。そのくらいのつもりではいます」

──練習前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督と話していたが

「『どうだ?』ということですね。移籍のことというよりも、体の調子のことを。『リラックスできているか?』とかですね」