日本料理はヘルシーであるとして、世界中で人気となっている。中国人はもともと生モノを食べる習慣がないため、生モノが多く使われる日本料理はあまりポピュラーな料理とは言えなかったが、近年の中国では徐々に日本料理が受け入れられてきている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本料理はヘルシーであるとして、世界中で人気となっている。中国人はもともと生モノを食べる習慣がないため、生モノが多く使われる日本料理はあまりポピュラーな料理とは言えなかったが、近年の中国では徐々に日本料理が受け入れられてきている。

 また、日本国では日本料理といえば一般的に高級料理とされることも多く、中国でも日本料理は決して安価ではない。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人はなぜ日本料理の高額さを受け入れているのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国人が日本料理という言葉から連想する料理といえば「神戸牛」や「寿司」、「天ぷら」、「うなぎの蒲焼」などが挙げられると伝えつつ、これらに共通するのは「美味しい日本料理は値段が高い」ということだと論じた。

 続けて、中華料理は中国国内のみならず、国外では「量が豊富な割に安い」というケースが多く、量が少ないのに高額な日本料理と対照的だと指摘。日本料理が世界的に「高級料理」という地位を確立したのは、日本のアニメや漫画などの影響力が関係していることは無視できないとしたほか、日本料理で多用される生モノが他の国の料理との差別化につながったのではないかと考察した。

 また、日本料理は一品一品の量は少ないものの、素材本来の味を生かした調理方法のみならず、盛り付けが美しく、目でも楽しめるという特徴があると指摘。中華料理は味付けが濃く、見た目という点ではどの料理も似たり寄ったりとなってしまいがちなのは間違いない。

 味付けが濃く、量も多い中華料理に比べ、中国人は日本料理について「量が少なくて、お腹がいっぱいにならない」と不満を口にしがちだが、この「量が少ない」という点も、日本料理が高級料理となった要因の1つだと主張し、「量ではなく、味を重視する客が満たされる料理を提供していることが、日本料理に高級感をもたらしている」と論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)