別所哲也とEXILE HIRO

写真拡大

 米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2017」が6月1日に開幕し、東京・渋谷のヒカリエホールでオープニングセレモニーが行われた。主宰者の別所哲也、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoをはじめ、豪華ゲストが華々しく登場した。

 今年で19回目となる「SSFF&ASIA」は、世界140の国と地域から約9000本の作品エントリーがあり、厳選された約250作品を上映する。セレモニーには、同映画祭と「EXILE TRIBE」がタッグを組んだプロジェクト「シネマファイターズ」に参加したAKIRA(EXILE)や山田孝之らに加え、環境問題をテーマにした「地球を救え!」部門の審査員である田原総一朗氏、荻上直子監督、安田菜津紀氏が登壇。同部門の「環境大臣賞」にはムルー・ゴドラ監督作「水を、ください」、「J-WAVEアワード」にジェイラン・ジャルハノール&ニコール・ジョーダン・ウェーバーの共同監督作「森を守るものたち」が選出され、会場からは喝さいが沸き起こった。

 新設された「Shibuya DiverSity Award」では、シャーロット・アー・ロルフェス監督のドイツ映画「サミラ」が受賞。セレモニーに参加した出演者のデヤン・ブキンは「大変光栄です。今の社会では多様性、寛容性が重要なキーワード。この短編が何かしら影響を与えられたらと思います」と語っていた。二次創作の短編小説をショートフィルム化する「ブックショートアワード」では、第2回アワード作品「ユキの異常な体質/または僕はどれほどお金が欲しいか」に主演する鳥居みゆきがレッドカーペットを自転車で駆け抜けて笑いを誘い、劇中で演じている雪女役について「いつもはゾンビとか化け物なので、今回は普通の役で嬉しい」と独特の感想を述べていた。

 最優秀企画者に最大1億円の制作費が与えられる「avex digital Award」は、映像作家・後藤美波が獲得。プレゼンターを務めた福島リラから祝福された後藤は「このような栄誉ある賞をいただき、大変嬉しく思います。(今回の企画は)静岡県浜松市にある祖父母の家を舞台にした物語。コロンビアフィルムスクールのクラスメイトと一緒に書き上げました」と明かし、自身を支えてくれた人々への謝意を示していた。

 会場では、そのほか各賞の発表も行われた。「観光映像大賞」は宮城県登米市を舞台にした「Go!Hatto 登米無双」、「インターナショナル観光映像大賞」はジェームズ・キャメロン監督がニュージーランドの大自然から着想を得て製作した「James Cameron in 100% Pure New Zealand」、「VISIT JAPAN大使特別賞」はスイス発のユニークな1本「The Great Escape」に栄冠がもたらされた。

 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2017」は、25日まで、渋谷のヒカリエホール、表参道ヒルズ スペース オーなど東京5会場と神奈川・横浜のブリリアショートショートシアターで開催。一部有料イベントを除き、無料上映。