駐車場の貸し借りスマホで行う仲介サービス「akippa」は1日、三菱地所グループが管理する一般駐車場などの貸し出しを開始した。このように大手企業も提携して駐車場を貸し出すほどサービスの需要は高いのだが、実は個人でもこのサービスで稼ぐ人もいる。今回はスマホで駐車場経営が可能なakippaについて紹介する。

【こちらも】駐車場シェアサービスの覇権争いが激化、新規サービスが相次いで参入

■仕事先やレジャーで確実に駐車場を確保できるサービス

 まずakippaについて説明しよう。akippaは個人同士で駐車場を貸し借りできるウェブサービスで、スマホやタブレット端末、PCから駐車場を検索。予約フォームに車種・電話番号・決済方法などを入力することで、有料ではあるが簡単に空き駐車場を確保することができる。検索機能はキーワードだけでなく、GPSを使用して現在地付近にある駐車場を探すことも可能だ。

 このサービスの大きなメリットは、駐車場を予約できるという点だ。仕事でどうしても車を使わなければならないが、駐車場が確保できるか分からないということを防げる。レジャーの際も駐車する場所がないという不安から開放され、安心して楽しむことができる。

 また、車種を選ぶことができるのも利点だ。検索の際に車種をオートバイ、軽自動車、大型車・SUVなどの6種から選択。「大型車だから停められるか分からない」という問題も解消できる。さらに予約が15分単位という細かさであることも魅力のひとつだ。

■駐車場を貸して副収入も得られるサービス

 そしてakippaは借りるだけでなく貸し出すことも可能なサービスだ。三菱地所のような会社だけでなく個人であっても、車かバイクを1台以上駐車できるスペースがあれば登録料や月額料金等の費用は0円から始められる。これでちょっとした小遣い稼ぎ、場合によっては立派な副収入を得ることも可能だ。

 akippaでは24時間365日のサポート体制や、トラブルが起きた際の解決もしてくれる。駐車場代は事前支払いのため、未払いの心配もない。個人で駐車場経営をする際の不安材料は少ないのがポイントである。

 駅近、観光スポット周辺など条件が揃っている空き駐車場は穴場スポットとして人気だ。また、大手企業が参入していることでakippaの利用者が今後も増えることが予想される。空き地を持て余している人はこのサービスを「スマホでできる副業」としても検討してはいかがだろうか。