武藤俊憲が4アンダー首位Tの好発進(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 初日◇1日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>
「中日クラウンズ」で6位タイに入って以降、3戦連続の予選落ち。右肩の痛みもあり、不振が続いていた武藤俊憲がこの日“67”をマーク。4アンダー首位タイの好スタートを切った。
【関連動画】ミズノオープンハイライト 全英行きの切符は掴んだのはこの4人!
「まだまだ不安定な状態。それを打ち消す何かいいものがないかと試行錯誤して、それがやっと見つかった様な感じ」。気がついたのはアドレスが目標に対し、正しくとれておらず“ねじれ”ていたこと。「自分でもどこに向いているのか分からず、打って顔を上げると手ごたえと違うところに飛んでいく」のがここ3試合続いていた。
「肩と足、上半身下半身を歪めることなくまっすぐ構える」、きちっとセットアップすることでスコアはまとまるように。「我々でも初歩のところを疎かにするとダメですね」、アドレスの大事さを改めて痛感していた。
この日はショットの後にクラブを放してしまう場面もあったが、「手を放すのはボールがどちらにいくのか分かっているから。自分の中ではいい兆候」だという。この日の15番では今季から投入した新ドライバー『MP TYPE1』で同組の飛ばし屋、チャン・キム(米国)と同じく340ヤードをかっ飛ばすなど、いい状態には向かっている。「方向性は見えたので、あとはしっかりできるかできないか。ちゃんと修正してやっていきたい」。結果だけでなく内容も満足できるように、自分のゴルフと向き合っていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

シニアツアー第2戦が開幕!リーダーボードで順位をチェック!
手嶋多一「待ったかいがあった」、新ドライバーは300Sに次ぐ名器
「新『MPドライバー』はアイアンとのつながりがいい」(手嶋、小鯛)
ジャンボ尾崎が宮里藍引退についてコメント「俺みたいにしぶとくやるタイプもいるけどな」
大先輩からの“口撃”にも負けず!今平周吾が首位タイ発進