伊藤美誠【写真:Getty Images】

写真拡大

卓球世界選手権女子シングルス3回戦、“みうみま”がそろって16強入り

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、女子シングルス3回戦で世界ランキング10位・16歳の伊藤美誠(スターツSC)が同50位で19歳の蘇慧音(香港)に4-0で勝利。「10代対決」をストレートで制し、3回戦突破を決めた。

 第1セットを11-6で取ると、第2セットは11-2、第3セットも11-8。第4セットも11-9でものにし、ベスト16入りを果たした。

 伊藤は直前に行われた女子ダブルス3回戦で早田ひな(希望が丘高)との16歳の“JKコンビ”でベスト8進出を決めていた。

 同世代の平野美宇(エリートアカデミー)とともに16強進出。伊藤にとっては初出場だった2015年大会に記録したベスト8超えを目指し、さらにギアを上げる。