美意識キープで女性は美しくなる。今すぐできるモチベーションUP術5選!

写真拡大

以前はダイエットや美容を頑張っていたのに、年齢とともにスッピンの日が増えたり適当な恰好で外出してしまったり…。美意識が薄れているなと感じることはありませんか?女性としての美しさを保つためには、日頃の美意識が大切です。今すぐ実践できる美意識キープ・モチベーションUP術をご紹介します。

美しくなった自分をイメージする

Smiling beautiful young woman looking at herself in the bathroom mirror at home

まずは、綺麗になって何をしたいか、どんな良いことがあるかなど、美しくなった自分を具体的にイメージしてみましょう。

そして、毎日鏡を見ながら目標を声に出して宣言します。

具体的で幸せなイメージによってモチベーションがUPし、さらに口に出すことで目標を実現するための力が湧いてくるはずです。

参考:ザ・チェンジ

 

美容院やネイルサロンに行く

Hair stylist at work - hairdresser washing hair to the customer before doing hairstyle

モチベーションの低下を感じたら、美容室やネイルサロンにでかけるのもオススメ。

髪型やネイルが変わると、新しい自分になったようで気分が上がり、オシャレにも気合が入りますよね。

美容室やネイルサロンの素敵な店員さんたちとお話しするのも、良い刺激になりますよ。

参考:ナノカ ビューティープレイス

 

綺麗な人と交流する

communication and friendship concept - smiling young women with coffee cups at cafe

「綺麗な人は友人も綺麗な人ばかり」と感じることって多いですよね。

綺麗な人たちは、ファッションや美容に気をつかっている友人が多いため、自然とお互いの美意識を高め合っているのです。

そこで、綺麗だなと思う女性や目標にしたい女性と、食事や会話する機会を持ってみましょう。

立ち振る舞い・普段の美容法・生活習慣などが知れ、自分もこんな風になろうというモチベーションがUPしますよ。

参考:ナノカ ビューティープレイス

 

人からの目を意識する

Beautiful woman holding paper coffee cup and enjoying the walk in the city

二の腕や足など、露出している部分が細くなるという話を聞いたことはありませんか?

常に人から見られていると意識することで、心や身体が引き締まり、「姿勢良く颯爽と歩く」「口角を上げる」といった動作が自然に出たり、化粧や洋服に気をつけたりするように。

自分のことを女優やモデルだと思って意識するくらいでちょうど良いようですよ。

参考:ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」

 

日常の中にちょっとした運動を取り入れる

Young woman stretching at home in the morning

ダラダラ・ゴロゴロが癖になっていると、心も身体もだらしなくなってしまいがち。

なるべく階段を使う大股で早めに歩く電車の中では立つ雑巾がけ・窓拭きなどの掃除を念入りにする良い姿勢を保ち、お腹をへこませて腹式呼吸をする

など、日頃のちょっとした動作の中でも身体を動かすよう心がけてみましょう。

寝る前のストレッチやマッサージも効果的ですよ。

参考:お悩み解決どっとこむ。

 

「もういい年だから」と諦めるのではなく、年を重ねるごとに美しくなるような女性でいたいですね。

ぜひ、美意識キープ・モチベーションUP術を試してみてください。