浜田ブリトニー

写真拡大

漫画家の浜田ブリトニーが6月1日にブログで「子宮頸部高度異形成」との診断を受け、同日に入院。翌2日に手術を受けることを発表した。

22股交際の谷一歩が13.6キロのダイエットに成功した浜田ブリトニーに恋愛指南

浜田はこの日17時に「入院します(>_<)」というタイトルでブログを更新し「今日からしばらく入院する事になりました」と突然の入院を報告。

「半年前に避妊用のピルを貰いに婦人科に行った際『子宮頸がんの検査をしましょうか』と病院の先生に言われ検診の結果 『要精密検査』の結果が出てしまい精密検査を受けたところ『子宮頸部高度異形成』と診断を受けました」と記すと、「子宮頸部異形成は自覚症状を示さない事が多く 子宮頸がん検診を受けた時に 発見される事が多いみたいです。(ノ_<)」と続け、これまでの経緯を明かした。

子宮頚部異形成には円錐切除術とレーザー蒸散術があるそうで、「私は高度異形成だったので 円錐切除術の手術をする事になりました」と治療法について説明すると、「この治療法は病変がある子宮の入り口(子宮腟部+頸管)を円錐形にくり抜く手術方法で 高度異形成はほぼ100%治癒するみたいです! これは本当によかった!」と、その心境を述べている。

そして、「子宮頚部異形成は『がん』ではありませんが将来『子宮頸がん』になる可能性がある病気です」と明かすと、「20〜30代の女性の間で特に増加してる病気なので 皆さんも自分の身体を大事にしてください。健康診断って本当に大事ですね!」と多くの女性に健康診断の大事さをアピール。

最後に「私は明日手術ですが、これからはもっと自分の身体を大事にして 健康に気をつけたいと思います」と綴っている。