不注意から火傷や切り傷などの傷ができたときの対処法は、まず消毒をして乾燥させるのが一般的です。しかし湿潤療法といわれる、傷を乾燥させずに治す治療法が広まっているんです。

傷の治りを早める湿潤療法とは?

肌に怪我をしても、軽い傷ならば放っておいてもしばらくすれば治ります。これは肌には傷を治そうとする、治癒力が備わっているからです。この治癒力を最大限に利用して、傷を回復させようというのが湿潤療法。うるおい療法とも呼ばれる湿潤療法は、傷を乾かすことなく、湿った状態を維持しながら治していきます。傷が自然に治っていくのは、繊維芽細胞や表皮細胞などが傷口に集まり、傷口をふさいで傷ついた表皮を修復してくれるからです。

これらの細胞が活動するためには、湿った環境が必要です。ところが傷口を乾かしてしまうと、細胞は死んでしまい、修復がストップしてしまいます。傷口が乾燥するとできるかさぶたは、死んでしまった細胞です。かさぶたができると治ったように思うかもしれませんが、実は自己治癒力が働きにくくなり、皮膚が再生されるまでに余計に時間がかかってしまいます。

湿潤療法で消毒液を使わないのはなぜ

湿潤療法は従来の傷の手当とは異なり、消毒液を使用せず、水のみで傷口を洗います。傷口はグジュグジュと液がたまりますが、この液の中には肌の修復をする細胞が集まっています。そのまま傷口を乾かすことなく潤った状態を保つことで、細胞の活動が盛んになり速やかに傷が修復されていきます。ところで最初に消毒液を使わないのには理由があります。

それは消毒液が肌を修復してくれる細胞を殺してしまい、治癒力がなくなってしまうからです。それに肝心の細菌は細胞壁を持っているので、消毒しても死なないことが多いとのこと。消毒をすればするほど自分の細胞を壊していってしまうそうです。

湿潤療法は病院の専門外来を受診してみよう

湿潤療法が行えるのは、比較的軽い傷、つまり皮膚の表皮までの損傷です。湿潤療法による治療は早い回復が見込めるだけでなく、傷跡が残りにくいというメリットもあります。自分でもできそうな湿潤療法ですが、病院で治療を受けることをおすすめします。自分で処置をすると傷口が化膿してしまうこともあります。

湿った傷口は傷の修復が進んでいるのか、それとも膿んでいるのか判断がつきにくく、膿んでいるのを放置すると、感染症を引き起こすことも考えられます。最近では湿潤療法を専門とする病院外来も増えつつあります。傷を早く治したい、傷跡を残したくないときに、受診してみてはいかがでしょうか。


writer:Akina