【ソウル聯合ニュース】1日に発表された現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社による5月の世界販売台数は計66万3048台で、前年同月比12.9%減少した。販売台数の減少は3月から続いている中国市場での不振が影響しているとみられる。
 メーカー別にみると、現代と同社の子会社・起亜はともに販売台数が急減した。
 現代の世界販売台数は36万7969台で同14.2%減少した。国内販売は同0.4%減の6万607台だったが、海外販売は30万7362台にとどまり同16.5%の大幅減となった。
 起亜は21万9128台で同9.8%減少した。国内販売(8.6%減)と海外販売(10.1%減)がいずれも振るわなかった。
 両社の不振は、中国市場の販売台数減少が大きく響いたためとみられる。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発している中国では、消費者が韓国製品の購入を避けている。
 両社の中国での4月の販売台数は5万1059台で同65.1%減少した。5月の販売台数はまだ集計されていないが、低迷が続いているとみられる。
 韓国GMの世界販売台数は同17.0%減の4万3085台(国内1万1854台、海外3万1231台)。ルノーサムスンは同14.9%減の2万517台(国内9222台、海外1万1295台)を販売した。双竜は同7.0%減の1万2349台(国内1万238台、海外2111台)にとどまった。
 最も売れ行きの良かったモデルは現代の大型セダン「グレンジャー」(1万2595台)だった。
 一方、5社の1〜5月の累計販売台数は331万2364台で前年同期比6.8%減少した。
hjc@yna.co.kr