U-20W杯で負傷した磐田FW小川航基

写真拡大

 ジュビロ磐田は1日、U-20日本代表FW小川航基が浜松市内の医療機関で検査を行った結果、左膝前十字靭帯損傷および外側半月板損傷で手術後、全治約6か月の見込みと診断されたことを発表した。小川はエースとしてU-20W杯に出場していたが、5月24日に行われたグループリーグ第2節のウルグアイ戦(0-2)で負傷。チームを離脱し、同28日に帰国していた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●U-20W杯韓国2017特集ページ