【ビデオ】フォード、3代目「フォーカスRS」最終型に特別限定モデルを設定 ケン・ブロックもお気に入り!?
フォードは3代目「フォーカスRS」の最終型にスペシャル・エディションを用意した。この限定モデルに特別なネーミングは付かないようだが、いくつかの嬉しい装備が与えられ、ビジュアル面にも変更が見られる。

一目で分かるのが、新色「レース・レッド」の追加だろう。2色展開のうち、もう1色は既にお馴染みの「ニトロ・ブルー」だ。どちらもルーフとミラーがグロスブラックとなり、同じくブラックで塗られたリア・スポイラーの両側にはブルーで「RS」のロゴが入れられている。


【ギャラリー】2018 Ford Focus RS limited edition3


シャシーにも大きなアップグレードが施されている。このスペシャル・エディションは、フォーカスRSで初めて、クワイフ社の機械式LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)をフロント・アクスルに搭載。これによって加速時のトラクションが向上し、コーナーでもスピードが維持できる。ホイールは19インチの鍛造アロイホイールで、前述のミラーやルーフ、ウイングに合わせてブラックにペイントされている。



インテリアは「RS2パッケージ」が標準となり、ボイスコントロール付きナビゲーション・システムやヒーター機能付きステアリング・ホイールを装備。本革とスウェード調マイクロファイバーが張られたシートはレカロ製だ。前席にはシートヒーターを内蔵し、運転席は8ウェイ電動調整式となる。ドアハンドルやハンドブレーキ、メーター周りはカーボンファイバーでトリムされる。



北米向けには1,500台(米国1,000台、カナダ500台)の限定販売で、今年の夏から受注が開始される。オーナーの元に届けられるのは秋以降となる予定。フォードが撤退してしまった日本では、ますますフォーカスRSの入手は難しいと思われるが、どうか腹を立てずに、ケン・ブロックも登場する紹介ビデオを楽しんでいただきたい。



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー