「七日の王妃」イ・ドンゴン、カン・シニルの一言で激怒

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「七日の王妃」でイ・ドンゴンの狂気が炸裂した。パク・シウンとペク・スンファンは誤解による悪縁が結ばれた。

昨日(31日) 韓国で放送されたKBS 2TV新水木ドラマ「七日の王妃」(脚本:チョエ・ジニョン、演出:イ・ジョンソプ) の第1話では、自身の立場を脅かす異母弟イ・ヨク(ペク・スンファン) に、刀を振りかざす燕山君(ヨンサングン:イ・ドンゴン) の姿が描かれた。

朝鮮は干ばつになり、朝鮮の第10代王燕山君は極度に敏感な様子を見せていた。干ばつを解決する方法に、弟のイ・ヨク(ペク・スンファン) をシン・スグン(チャン・ヒョンソン) の娘と結婚させようと思っていた。

同じ頃、シン・スグンの娘シン・チェギョン(パク・シウン) は、家族が漢陽(ハニャン:現在のソウル) にいるにも関わらず、乳母と2人で田舎で暮らした。“みにくいアヒルの子”と言われたシン・チェギョンは「一体、何故私を生んだの」ともどかしそうにした。彼女は男装をしこっそり漢陽に向かった。

シン・チェギョンは漢陽に到着すると、イ・ヨクと初めて出会う事になる。2人は地べたに落ちた本の事で言い争った。その後シン・チェギョンは、買い物をしているとイ・ヨクと再会し、彼をスリに疑い始めた。

燕山君は、イム・サホン(カン・シニル) から「先王の遺志が命令として残った」という事を聞き、怒りが込み上がった。先王は「晋城大君(チンソンデグン:イ・ヨク) が成人したら、王位を継がせよ。あの子が王にならなければならない」と残していた。燕山君はイ・ヨクが将来自身の立場を脅かすことになると考えた。

燕山君はイ・ヨクとその友達を呼び、命を懸けた懸けを提案した。自身より先に宮に到着したら生かしてやるが、そうでなければ首を切ると脅した。イ・ヨクは馬に乗って向かっている途中シン・チェギョンに出くわし、そのせいで時間が遅れてしまい試合で負けてしまった。

燕山君は、イ・ヨクと友達に刀を振りかざしたが、幼い頃あれほどにも深かった友愛を思い出し戸惑った。そこにイ・ヨクの母親の慈順大妃(チャスンデビ:ト・ジウォン) が現れ、事件は一旦収まった。燕山君は「お前が堂々としている理由は、お前の母親のおかげだ」と怒ったが、イ・ヨクは「私の頼りになる後ろ盾は兄上だ。この国の王様である兄上が、私を愛して下さっているから私はこのように堂々としているのだ」と変わらない愛情を示した。

慈順大妃は「やっと本性を現した。お前が成長してしまうから不安だ」とイ・ヨクの事を心配した。燕山君はイ・ヨクに「お前の忠誠心を証明したければ、死んでまた生まれて来い。いっそのこと女だったら良いな」と皮肉って言った。それでもイ・ヨクは「この私が兄上なら、とっくに私を殺していた」と最後まで燕山君を擁護した。

頭の中で整理がつかない燕山君は夜中、一人で馬に乗り宮を抜け出した。その彼をイ・ヨクだと思ったシン・チェギョンは後をつけた。そこで2人もまた奇妙な出会いをすることになる。