Photo by cinemacafe.net

写真拡大

前スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールドがドラァグクイーンにも負けない女っぷりを披露して観客を喜ばせた。
現在、ヨーロッパツアーを開催中のドラァグクイーンたちによる「Werq the World Tour」のロンドン公演にやってきたアンドリュー。

ショーの中では観客の中から4人選び、ウィッグを着用してホイットニー・ヒューストン、シェール、ドリー・パートン、ケイティ・ペリーになりきり、それぞれの音楽に合わせて口パクするというゲームがあったという。

その1人に選ばれたアンドリューは、ホイットニーになりきることになった。「I'm Every Woman」の曲に合わせて口パクしながらノリの良いダンスを踊るアンドリューに観客は黄色い歓声を上げた。元スパイダーマンとだけあり、バック転まで披露し、観客席の盛り上がりは最高潮に。しかし、残念ながら優勝ならず。ドリー・パートンに扮した観客が勝者となった。

SO ANDREW GARFIELD JUST CAME ON STAGE AND LIPSYNCED TO WHITNEY I AM NOT OKAY!!!!! #andrewgarfield #werqtheworld @vossevents

Emily Meow さん(@emilymeowwww)がシェアした投稿 -



今月初め、現スパイダーマンのトム・ホランドがリアーナになりきり、アクロバティックなダンスと口パクでファンを魅了したことがアンドリューの耳にも入っていたのだろうか。

「ETonline」によると、アンドリューは主演舞台「Angels in America」の公演でロンドンに滞在しており、共演仲間とこのショーを見に来ていたということだ。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
アンドリュー・ガーフィールド、新作映画主演兼プロデューサーに!
トム・ホランド、“なりきりリアーナ”に!
クロエ・グレース・モレッツ、自身が声優を務めたアニメのポスターに激怒
ヴァネッサ・ハジェンズ、「アメリカン・ダンスアイドル」審査員へ!
エミリア・クラーク、「ゲーム・オブ・スローンズ」第七章で大活躍!?