撮影:宮脇 進(PROGRESS-M)

写真拡大

2016年5月7日、ヴォーカル一聖の頭部負傷により活動休止を余儀なくされたBugLug。そして1年後の2017年5月7日、一聖の復帰ライブとして行われた武道館公演。

【V系】2017年はどうなる? 期待のバンドは? ヴィジュアル系ライター&編集者座談会【16年シーン総括】

活動休止によって何かが変わったのか? 5人に戻ったBugLugのステージを、完全レポートする。

この日武道館に集った人々は、1年前に止まったはずの時間が再び動き出した瞬間を目の当たりにした。

2016年5月7日に、ヴォーカルの一聖の負傷により5人での活動を休止したBugLugは、1年後の2017年5月7日、日本武道館にてワンマンライブを行った。

この日の武道館にはたくさんのファンと関係者、ミュージシャン仲間たちが詰めかけ、会場は2階席の上方まで埋まっていた。5人のBugLugの復活を見届けようと、本当にたくさんの人が会場に足を運んでいた。

一聖がいない間、4人でのBugLugを観る機会は何度かあった。一聖を待つメンバー4人のパフォーマンスは観る人の胸を打つものだったが、やはりステージの中央に空いた空間を見つめてしまう瞬間もあった。その中央に空いた空間に、今日は立つ人がいるのだ。そのことを考えるだけで胸が熱くなった。

開演前のステージには無骨なセット、ステージ中央に階段、そして中央と左右に大きなモニター。モニターにはBugLugのロゴが映し出され、小さな脈動がBGMとして聞こえている。

左右に伸びる花道は見えるものの、華美な装飾があるでもなく、仕掛けがあるわけでもなさそうだ。復活公演で初の武道館ワンマンだが、どんなライブをするつもりなのか。筆者もファンと一緒にドキドキしながら、開演を待つ。

「俺が見たかった景色だ!」一聖の雄叫び

開演時間を10分ほど過ぎた頃、会場が暗転して脈動がひときわ大きくなる。ライブの開始を予感したファンたちが次々と席を立ち、BugLugの登場を待ちわびる。

暗転した会場の中、BugLugの過去の思い出写真がスクリーンに次々と映し出され、舞台上のセリから将海(Dr)と燕(Ba)、優(Gt)と一樹(Gt)が次々と現れる。4人が定位置につくと、舞台中央のセリから一聖(Vo)が現れ、“新しいBugLug”のライブが始まった。

1曲目は『R.I.P』。ドラマチックな導入部の盛り上がりから、「Rest in Piece!」の瞬間にステージ前方から爆煙が上がり、客席の興奮もうなぎ登りに。拳を振り上げ歓声を上げる客席に向かって一聖が「上げた手はそのまま!」と恒例の煽りを発し、2曲目の『KAIBUTSU』へ。曲中に一聖が叫んだ「俺が見たかった景色だ!!」という発言が、彼がライブに復帰できたことの喜びを端的に表していた。

3曲目『-7-』が演奏されると、客席のそこここから泣き声も聞こえてくる。大好きなBugLugが帰ってきてくれた、再びライブを観られた。それも、武道館という大きな会場で。そんな感動から涙を流すファンの気持ちは、痛いほどよくわかる。曲が終わると、大きな声援がステージに向かって降り注いだ。

“新しくていつもどおり”のBugLugのライブ

この日のBugLugのライブは、素晴らしいものだった。しかし、BugLugとして特別変わったことをしたのかと言われると、そうではない。

この日初めてBugLugのライブを観た人にも、「BugLugはいつもこんなにカッコいいんだよ」と伝えることが出来るライブ。“いつも通りのBugLug”が目の前でいつも通りにライブをやってくれる、そのこと自体が素晴らしかったのだ。

一聖の事故からの活動休止、4人での活動再開、そして武道館での復活発表……ファンたちにとって長かった1年間、でも信じて待ち続けた末に“変わらない”5人のBugLugのライブを観られることが、どれだけ幸せなことか。それを噛みしめたファンも多いのではないだろうか。

『V.S』『THE DEAD MAN’S WALKING』『SHOW 2 GLOW』とキラーチューンを畳みかける間中、客席ももちろん笑顔で跳びはねるが、実は一番うれしそうなのはステージ上のメンバーだな、と見ていて思った。

優は満足そうな笑顔でギターをかき鳴らし、燕もいつも以上にステージを跳ね回る。一樹は相変わらずの微笑みを見せつつもときに激情をのぞかせ、将海は飄々としながらも汗を散らして全力のドラミングを披露する。『芸術的思想家の片鱗』『Live to Love』などで雰囲気を変えつつ進行するライブを観て、BugLugはやはり5人が最高だな、と改めて思った。

さまざまなカラーを見せつけるBugLugのライブ

曲間の暗転中は、会場のそこここから大きな歓声が降り注ぐ。中でも一聖の名を呼ぶ声はそこかしこから。俯きながらスポットライトの中に進み出た一聖が発した言葉は「俺、やっぱり超元気!!」。

「いろいろ迷惑、心配かけたけど、俺、今なら何でも出来ると思う」と宣言すると、会場もステージ上もうれしそうにニコニコ。久しぶりのライブで緊張すると言っていた一聖だが、この後の『迷子CH』では久しぶり感も一切なく、いつも通りの、いや今まで以上のテンションでカオスなこの曲を披露してくれた。

『猿』では一聖が不在の間4人のが培った経験も見え隠れし、初期の名曲『WGMM』ではファーストアルバムの頃のBugLugも思い出される。きっといくつものBugLugとの思い出を胸に、客席も大きく左右にモッシュし、跳びはねる。

MCではライブについて「こんなに楽しいことがあるんだって改めて思ったよ、ありがとう」と言う一聖。「声出せ!」とコール&レスポンスを繰り返し、そのまま客席の声をイントロにして『骨』に突入。『BUKIMI』『ギロチン』とライブ曲を立て続け、会場の熱を一気に煽っていく。

このパートで見られたような、BugLugの得意とする極彩色の毒のような曲も、『THE DEAD MAN’S WALKING』や『猿』のような風刺の効いた曲も、『迷子CH』のような迷曲も……BugLugの音楽には様々な色があるのだ。光の当たる方角で見える色が違う玉虫色みたいに、さまざまなBugLugをいつも見せてくれる。この日のライブは、そんな彼らの本領がまさに発揮されたライブだったのだろうと思う。

BugLugにとってターニングポイントのひとつだった曲『絶交悦楽論』で本編ラストが飾られたが、5人でのこの曲を聴くのは約1年ぶりか。やはり中央に一聖を据え、左右に優と一樹を従え、燕と将海が後ろを固める、そんなBugLugがこの曲を演奏する姿が、最高にカッコいいと思った。

メンバーから語られたファンへの感謝

ライブ本編が終了してすぐに、客席からはアンコールが上がる。最初こそ一聖のことを心配するような空気もあった客席だが、この頃にはファンたちも満面の笑顔だ。大歓声に呼ばれて再びステージに登場したメンバーたちの中、一聖が満足そうに頷く姿が印象的だった。

ここでメンバーそれぞれから、この日のライブに対する思いが語られる。一樹の「ライブハウス武道館へようこそ!」から始まったMCでは、「BugLugはここで終わるつもりはありません!」と力強く宣言。

将海は「まず、ずっと待っててくれた人たち、今日来てくれた人たち、みんな本当にありがとう! ライブでしか伝えることができないけど、ここにいる人みんなに伝わるようにライブするから」とファンへの感謝を真摯に語った。

燕は「武道館盛り上がってるかー!?」とテンションマックス。「やっと5人でステージに帰ってきました。みんなこれからもついてきてください」と感謝を伝えるも、独特の燕節に客席から笑い声が上がるシーンも。

優から「この1年間、みんなには心配かけました。いろんな想いをしたけど、みんなとオレらの絆はより固くなった1年間だったんじゃないかな?」とアツい言葉が語られると、会場から拍手が。しかし、そんな良いムードを吹き飛ばすように「売れてないグッズがある!」と販売部長ぶりを発揮する優はさすがだ(笑)。ライブ定番の優の物販MCが聞けるのも久々で、なんだかとてもうれしくなってしまった。

一聖は「たくさん待たせたね。俺は帰ってきた! 帰ってきたからにはとことん遊ぼうぜ!!」と会場を煽り立て、アンコール1曲目『ASOVIVA』に突入する。

アンコールで見せたBugLugとファンの“絆”

『ASOVIVA』は、ファーストアルバム『G.A.G』に収録された曲で、BugLugのテーマソングといっても過言ではない曲だ。メンバー紹介も兼ねたこの曲では、「ここ(ライブ)がボクらの遊び場」と宣言しているのだが、まさにこの日の武道館はBugLugとファンたちの遊び場と化していたのではないだろうか。

さらにはライブではなかなか聴くことができなかった『Clumsy Love』も久々に披露。ひねくれ者の俺様からの初めての「愛してる」は、会場全員に向けての感謝の言葉だったのだろう。

アンコール3曲目の『TIME MACHINE』は、1月7日にサプライズで一聖がステージに立った際に歌った曲だ。「1年前に戻れたら、あんな深い傷を背負うことにならなかったかもしれない。1年前に戻りたいって、何度も何度も思ったけれど、過去には戻れない」そんな一聖の独白から始まったこの曲で、客席では涙するファンも見られた。

「タイムマシンなんていらない。今を今のまま、現実に生きる。夢を大切に、これからも前を向いて生きていきたい」。そんな一聖の決意が語られたのをきっかけに『Dream Rush』へ。会場も大合唱で応え、会場全体がまばゆい光に包まれる。BugLugが、一聖が1年間かけて見せてくれた“希望”や“夢”が、ここに体現されたように思えた。

「去年の5月7日、誕生日に死にかけていた俺が奇跡的に生きられたのは、ここにいる全員が俺に渡してくれた新しい命なのかもしれない」。そんな言葉で始まった『おわりのないうた。』はライブタイトル「5+君=∞」のもととなった曲だ。音楽を通じてできたファンとの絆、一緒に培ってきた夢……「一生BugLugで歌っていたい」という一聖の想いがストレートに歌われた曲。この曲から、BugLugの客席に対する信頼を感じたように思う。

そして本公演のラストソングは『HICCHAKA×MECCHAKA』。

BugLugらしい少しひねくれた歌詞で、それでも堂々と前を向こうと言える彼らが好きだ。そんな彼らが5人で変わらずにステージに戻ってきてくれたことに、感謝している。だって、この日彼らは本当に少しも変わらないBugLugを見せてくれたのだ。

ミュージシャンが目指す最高の舞台で“変わらない”ステージングを見せてくれるBugLugを頼もしく思ったし、戻ってきた一聖が真ん中にいることに感謝したし、これから再び47都道府県をまわるという彼らの先行きがもっと楽しみになった。BugLug初の武道館公演は、客席にとってもメンバーにとっても、まさに歌詞の通りだっただろうと思う。

<「さぁせーので言おう声揃えて 「最高だ!」>

●リリース
ニューシングル『新人生』8月9日(水)発売

●ライブ
BugLug 89の日フリーワンマンライブ「自由〜ASOVIVA〜区域 Revenge」
8月9日(水) 代々木公園野外ステージ
<開場 / 開演>16:30 / 17:00 観覧フリー

BugLug 47都道府県TOUR「RESTART WITH A NEW LIFE」

[第1クール]
9/3(日) 神奈川・CLUB CITTA’川崎
9/15(金) 栃木・HEAVEN’S ROCK宇都宮VJ-2
9/17(日) 秋田・Club SWINDLE
9/18(月/祝) 宮城・仙台darwin
9/22(金) 大阪・Banana Hall
9/24(日) 高知・X-pt.
9/26(火) 奈良・NEVERLAND
9/27(水) 三重・松阪M’AXA
9/29(金) 福井・CHOP
10/1(日) 富山・SoulPower
10/8(日) 新潟・studio NEXS
10/9(月/祝) 長野・NAGANO CLUB JUNK BOX
10/14(土) 山形・MUSIC SHOWA SESSION
10/15(日) 青森・Quarter
10/17(火) 北海道・函館club COCOA
10/20(金) 岩手・盛岡CLUBCHANGE WAVE
10/22(日) 福島・郡山HIPSHOT JAPAN
10/26(木) 京都・FANJ
10/28(土) 熊本・B.9 V1
10/29(日) 宮崎・SR BOX
10/31(火) 鹿児島・CAPARVO HALL

[第2クール]
11/2(木) 広島・SECOND CRUTCH
11/4(土) 愛媛・松山サロンキティ
11/5(日) 徳島・club GRINDHOUSE
11/7(火) 山梨・甲府CONVICTION
11/11(土) 石川・金沢AZ
11/12(日) 岐阜・club-G
11/21(火) 和歌山・SHELTER
11/23(木/祝) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
11/25(土) 大分・DRUM Be-0
11/26(日) 佐賀・GEILS
11/28(火) 長崎・DRUM Be-7
11/30(木) 山口・LIVE rise SHUNAN
12/2(土) 島根・松江AZTiC canova
12/3(日) 鳥取・米子AZTiC laughs
12/5(火) 兵庫・神戸VARIT.
12/7(木) 群馬・高崎club FLEEZ
12/9(土) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
12/10(日) 千葉・柏PALOOZA
12/16(土) 沖縄・宜野湾HUMAN STAGE
12/17(日) 沖縄・宜野湾HUMAN STAGE

[第3クール]
2018年
1/12(金) 静岡・浜松窓枠
1/13(土) 愛知・NAGOYA ReNY limited
1/20(土) 埼玉・HEAVEN’S ROCK熊谷VJ-1
1/24(水) 滋賀・B-FLAT
1/26(金) 香川・高松DIME
1/28(日) 福岡・DRUM LOGOS
2/17(土) 東京・新木場STUDIO COAST

<開場 / 開演>
【土・日・祝】16:30 / 17:00
【平日】 17:30 / 18:00
【新木場 STUDIO COAST】 16:15 / 17:00

<チケット>
新木場 STUDIO COAST ¥5,000(D別)
スタンディング ¥4,800(D別)

[第1クール(9/3神奈川〜10/31鹿児島)]
【一般発売】7/15(土)

[2/17(土) 東京・新木場STUDIO COAST]
【一般発売】9/23(土)

[第2クール(11/2広島〜12/17沖縄)]
チケットスケジュールは後日発表

[第3クール(1/12静岡〜1/28福岡)]
チケットスケジュールは後日発表