31日、中国外交部の華春瑩報道官は、米軍が大陸間弾道弾(ICBM)の迎撃実験に初成功したことについてコメントを求められ、「慎重に事を進めることを望む」と述べた。

写真拡大

2017年5月31日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で、米軍が大陸間弾道弾(ICBM)の迎撃実験に初成功したことについてコメントを求められ、「慎重に事を進めることを望む」と述べた。澎湃新聞が伝えた。

華報道官は「中国は関連報道に注目している」とした上で、「世界と地域の安全と安定へのマイナスの影響を避けるため、慎重に事を進めることを望む」と述べた。また中国との関連について聞かれると、同じ回答を繰り返した。(翻訳・編集/柳川)