画像提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は、男子フィギュアスケートの宇野昌磨(しょうま)選手が2017年6月1日付で同社に入社したと発表した。

宇野昌磨は、愛知県・名古屋市出身のフィギュアスケート選手。2015年 世界ジュニア選手権、2016年 全日本選手権で優勝、2017年 四大陸選手権で3位、2017年 世界選手権で2位になるなど、日本男子フィギュア界の新星と呼ばれている。

今回、宇野選手が6月1日付で地元 愛知県のトヨタ自動車に入社。入社にあたり、「このたび、トヨタ自動車にお世話になることが決まり、大変嬉しく思います。フィギュアスケートは国内のみならず、海外での試合も多いため、世界各国に広がるトヨタの従業員や関係者の方々に応援いただけることはとても心強く、皆様とコミュニケーションが図れることをとても楽しみにしています。中京大学にも引き続きお世話になります。十分な練習環境を整えていただいている中京大学、このたび仲間として受け入れていただけるトヨタ自動車に感謝しつつ、学生と社会人を両立し、競技者としてのみならず、人としても成長できるよう精一杯頑張ります。今後とも応援よろしくお願いいたします」とコメント。

同社の豊田章男社長も自身がアスリートの戦う姿に勇気づけられた経験を語り、「日本を背負い、世界を舞台に挑戦を続けるアスリートが私たちの仲間になることを嬉しく思います」と述べた。