@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

アウディに勝ちたい?

フォルクスワーゲンの社内情報によると、欧州での需要次第で、フォルクスワーゲン・アルテオンのワゴン版を追加する可能性があるとのこと。

ライバルは、アウディA5スポーツバックなど。2015年、英国でフェートンの販売がストップして以来、エグゼクティブ商戦を勝ち抜くための施策である。

そもそもアルテオンって、どんなクルマ?

ことし3月のジュネーブ・モーターショーでデビューしたアルテオンは、パサートよりも大きい。

デザイン部門を率いるクラウス・ビショフは「あたらしい時代のデザインの幕開けです」と誇らしげだ。

全長は4862mm、全幅は1871mm、全高は1427mm。ホイールベースは現行のパサートより51mm長い、2841mm。

エンジン/ギアボックス/価格を大胆予想

搭載するエンジンは、
・2.0 TDI(240ps)
・2.0 TSI(280ps)
の2種となるだろう。

駆動方式は4WD、トランスミッションは7速DSGが標準となる。

価格は、もっとも安いもので£38,000(542万円)くらいが妥当だろうか。

製品ライン統括者のコメント

製品ライン統括者、エルマー・リチャーズは「アルテオンに派生モデルを用意したいのです。まずはハッチバック・ワゴンがよいでしょうね。まだ正式に製品化すると決めたわけではないですが、よいチャンスだと思っています」

なお、AUTOCARはプロトタイプの試乗を既に済ませている。こちらからご覧いただきたい。