D'ERLANGER

写真拡大


2007年の再結成から10年、そして2年ぶりに通算8枚目となるアルバム『J’aime La Vie』をリリースしたD’ERLANGERから、ベーシストのSEELAに話を訊いた。

【V系】D’ERLANGERはなぜ魅力的か? 25年の歴史をアツく語るライター対談【だいたい主観】

お祭り的なノスタルジーをやるという発想は再結成時点からなかった

――もはやそれすらも「伝説」となった2007年の復活劇から10年が経ちました。

SEELA:ほんまについこないだのような感覚ですね(笑)。なんやろ、ほんまになんやろねえ。ちょっと前のようにも感じるし、そんな中でも色々あったから、やっぱり「10年経ったんやな」って感覚もある。まあ年も10歳とったし(笑)。まあ、あっという間ですね、感覚としては。

――10年前と現在、バンドを取り巻く環境も変わってくると思うのですが、ご自身では感じる変化などはありますか?

SEELA:根本的には、再結成のときに集まってぱっと音出したときからずっとそうやけど、「皆変わってへんな」っていう感覚が一番大きい。テクニックどうこうじゃなくて、「音鳴らしたらやっぱりデランジェの音やな」っていうのは今でも同じです。

――それはずっと変わらないことなのですね。

SEELA:自分的にはそんなに変わってない感覚の方が大きいですね。

――解散を経て復活したバンドのスタンスって大きく分けてふたつあると思うんです。復活前と同じペースで活動するバンドと、記念日的な時に集まってライブをするバンドと。D’ERLANGERはあきらかに前者ですよね。

SEELA:自分ら的にはそれはごく当たり前の話で、「たまにやる」みたいな、お祭り的なノスタルジーをやるという発想は再結成する時点からなかったです。意識はそのままですね。(解散前から)そのまま続いているかのような再結成という。

――とはいえ、D’ERLANGERが解散した1990年前後のバンドをとりまく状況と、復活した2007年以降の環境も変わってくるのでは。

SEELA:自分はあんまりそういうことは考えていないですね。それこそ再結成一発目のときには、「どうなるんやろ」とかは色々考えたりはしましたけど、それでも自分らが信じてるものがあればいけるのかなって感じでしたね。

ライブでも、あんまり昔の曲をやっている感じがしない

――たとえば2015年に開催されたLUNATIC FEST.(LUNA SEA主宰のフェス。彼らがリスペクトするバンド、影響を受けたバンドが出演)だったり、MERRYや氣志團、cali≠gariなど、D’ERLANGERをリスペクトするバンドとの共演はおそらくは1990年当時ではありえなかったと思うんです。

SEELA:そうやって、交わるのは純粋に面白いですよね。方向性が違っても、お互いのお客さんたちも逆に普段観られへんものがあったんじゃないかな。それに演奏に入ってしまったらもう、どこもそうですけど、自分らの世界になるんで、どこでやろうが変わらないって感じですね。

――そして5月3日にリリースされたニューアルバム『J’aime La Vie』ですが、これまでのインタビューなどでも「きっちり構築してレコーディングに入るわけではない」と仰っています。今回もそうだったのでしょうか。

SEELA:そうですね、出たとこ勝負みたいな。

――「阿吽の呼吸」というような。

SEELA:ほんまに大本をちょこっと合わせてレコーディングに入るっていうのがだいたいのパターンなんですよ。だからその時の集中力ですね。いつもそんな感じでやってるんで、身についてるというか、それがD’ERLANGERの感じなんだろうなと。

――本作はいい意味でとてもシンプルで、D’ERLANGERというものがソリッドに表現されている印象を受けました。

SEELA:そうですねえ、ベースに関していえば今回はあんまりを音を詰め込まずに、大きい感じで良いものができたらええかなと思って弾いたんですけど。なんていうことはないんですけど、詰め込む曲もいいけども、こういうのもどうかな? という。

――なかでも『沈む』が印象的でした。ヘヴィなサウンドではないのに、重さがあるというか、深いですよね。

SEELA:これは結構パッとは弾けなかった曲ですね。ゆっくりいこうか激しくいこうか、自分のなかでも揺れた曲ですね。一番迷ったのかもしれない。

――逆にすぐにハマった曲はありますか?

SEELA:2、3曲目の『Harlem Queen Complex』『Harlem Queen Romance』ですかね。音もそんなに入れずに、すんなり行きましたね。

――通常版のボーナストラックとして、『Loveanymore -J’aime La Vie version-』が収録されています。

SEELA:曲自体はこのメンバーになる前からある曲ですからね。

D’ERLANGERの曲ってどの曲もそうなんですけど、古く感じない。
ライブでやってても、あんまり昔の曲をやっている感じがしないんですよ。全部の中のひとつという感覚があるので、「これが昔の曲」みたいにやっていない。だから自然にどの曲でもやれるんじゃないですかね。

いまのライブはただの発表会じゃない、どこか「楽しみ」を探している

――現在ツアーの真っ只中ですが、今回のツアーは各箇所2DAYSとのことで、アルバムの曲もたっぷり披露する日も設けられているとのことで、感触はいかがですか。

SEELA:岡山でスタートを切ったんですが、それこそなんやろ、変な言い方をすると初日はリハーサルのような、カチンコチンでしたね(笑)。これからどんどん身体に馴染んで、皆変わっていくと思うんですけどね。だから逆に岡山はレアかもしれない。曲もどんどん進化していくと思います。


――再結成を経て10年、『J’aime La Vie』の意味は「人生を謳歌する」ということだそうですが、謳歌されてますか?

SEELA:(笑)。どうみえます?

――されているようにみえます。

SEELA:の、つもりです(笑)。ライブのステージをみて感じてください。

――再結成前のライブは映像でしか拝見したことがないのですが、当時のライブは全体的にピリピリしてる印象を受けたんです。それが魅力的でもあるのですが。近年のライブは多幸感というか、全体的に温かい雰囲気を感じます。

SEELA:昔はステージの上でそこまで笑わなかったり、当時はそこまでアドリブ感もなかったと思うんで。「そのもの」を見せるみたいな感覚もあったのかもしれない。今はアドリブもいれてどんどん変わってますし。ただの発表会じゃない、そういうところを楽しんでいたり。

ーーもちろん、決して丸くなったわけではなくて、大人の余裕のようなものを感じます。

SEELA:やっぱりどこか「楽しみ」を探してるんじゃないですかね。

――これからも人生を謳歌してください。

SEELA:ありがとうございます。ライブはずっとしたいんで。毎回ツアーが終わるごとに「もうちょいしたい」って思うんですよね(笑)。

――それは今バンドがいい状態にあるということなんでしょうね。

スケジュール

■8thオリジナル・アルバム『J’aime La Vie』(ジェムラヴィ) 発売中!
【初回限定盤デラックス・エディション(CD+DVD):24Pフォト・ブックレット付き三方背BOX仕様】
(DVD内容)【after the elapse of 10years...History of 2007〜2016】ライヴ映像10曲収録
【PHOTO SHOOTING 2017】D'ERLANGER最新フォト・セッション映像
WPZL-31272/73 価格\4,630(本体)+税
【通常盤】WPCL-12535 価格\3,000(本体)+税

◆収録内容
Kilmister=Old NO.7
Harlem Queen Complex
Harlem Queen Romance
LOVE is GHOST
バライロノセカイ-Le monde de la rose-
Je t'aime
Vanilla
Mona Lisa
Everlasting Rose
沈む
XI Loveanymore -J'aime La Vie version- 【通常盤のみ収録のボーナス・トラック】

「J’aime la vie TOUR 2017」
2017/6/3(土) 長野CLUB JUNK BOX open17:30 start18:00
2017/6/4(日) 長野CLUB JUNK BOX open16:30 start17:00
2017/6/10(土) 仙台darwin open17:30 start18:00
2017/6/11(日) 仙台darwin open16:30 start17:00
2017/6/17(土) 名古屋クラブクアトロ open17:30 start18:00
2017/6/18(日) 名古屋クラブクアトロ open16:30 start17:00
2017/6/24(土) 札幌cube garden open17:30 start18:00
2017/6/25(日) 札幌cube garden open16:30 start17:00
2017/6/30(金) TSUTAYA O-EAST open18:00 start19:00
2017/7/1(土) TSUTAYA O-EAST open17:00 start18:00
2017/7/8(土) 京都VOX HALL open17:30 start18:00(追加公演)
2017/7/9(日) 京都VOX HALL open16:30 start17:00(追加公演)


D'ERLANGER PREMIUM FRIDAY
スペシャル・インストア2017『J’aime La Vie』

2017/6/2(金) 長野:平安堂長野店 特設会場(ながの東急百貨店 別館シェルシェ2階) 18:00スタート
(特典会内容)握手&サイン会(サイン対象:私物[ご持参下さい])
2017/6/9(金) 仙台:タワー仙台パルコ 19:00スタート
(特典会内容)握手&サイン会(サイン対象:ミニサイン色紙)
2017/6/16(金) 名古屋:HMV栄 19:00スタート
(特典会内容)握手&サイン会(サイン対象:生写真2Lサイズ[名古屋Version])
2017/6/23(金) 札幌:HMV札幌ステラプレイス 19:00スタート
(特典会内容)握手&サイン会(サイン対象:非売品プロモーション・ポスター)
2017/7/2(日) タワーレコード新宿店 16:00スタート
(特典会内容)握手&サイン会(サイン対象:私物[ご持参下さい])
2017/7/7(金) タワーレコード京都店 19:00スタート
(特典会内容)握手&京都限定“プレミアム ロゴステッカー”お渡し会