@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

写真で内外装を予想

ファントムのエクステリア、どうなる?

2枚の写真が公開された。いずれも薄暗い写真ではあるが、
1、ロールスらしい形態はそのまま
2、ヘッドライトの位置がたいせつ
という2点が読み解ける。

なかでもヘッドライトの位置は、新型ファントムのイメージを大きく左右するに違いない。だからこそ、現状では明らかになっていないのだろう。

インテリア、凝ったウッドか

インテリアのパネルは、かなり凝った意匠となっている。パターンはとても複雑。見るからに質感が高そうだ。

深みのあるブラックを基調とし、パネルの中央には、アナログ時計(のようなもの)が見える。

カリナンから紐解ける、ふたつのこと

エンジンは何を載せる? ヒントは「カリナン」

搭載するエンジンのヒントになるのは、ロールス・ロイス初のSUV「カリナン(厳密にはモデル名ではなくコードネーム)」だ。

6.75ℓのV12か、ドーンが載せる6.6ℓのV12が濃厚だろう。

4WDのファントムも現る?

「カリナン」が4WDになることから、ファントムも4WDを採用することは十分に有り得る。

採用はカリナンのデビュー後となる可能性が高く、あくまで特別なモデルという謳い方になるだろう。