【ソウル聯合ニュース】韓国の起亜自動車は1日、5月の世界販売台数が21万9128台で前年同月比9.8%減少したと発表した。国内販売は4万3522台で、個別消費税の引き下げや新車効果などの好材料があった前年同月に比べ8.6%減少した。海外販売は10.1%減の17万5606台。

 同社は、市況は厳しいものの、先月下旬に発売したプレミアムセダン「スティンガー」や7〜9月期に発売する小型スポーツタイプ多目的車(SUV)で販売回復を目指すとしている。
 一方、同社の1〜5月の累計販売台数は108万8215台で、前年同期比8.5%減少した。国内が20万8828台、海外が87万9387台だった。
tnak51@yna.co.kr