解剖学の基礎知識がおろそかにされている(http://jp.depositphotos.com)

写真拡大

 私が大学院に入って早々の頃、講座の上役とともに食事をしている時に言われたのが「社会解剖学」という耳慣れない言葉だった。「社会」という文系の言葉と「解剖」という理系の言葉が融合しているため、もの凄く不思議に思えた。

 上役の言っている意味を正確に理解していたかはわからないが、私は日々の生活の事象の多くをつぶさに観察して物事を切ることを「社会解剖学」と認識した。

 多くの日常の出来事や身体の感覚を駆使して体験したことを解剖学的に考えると、たとえば、話を聞いただけで疑うことなく信じてしまう状況であったとしても、「生活に根付いた観察力」と「今までの生活で養った感覚」で、その正誤を判断できるような社会と身体の感覚が融合される――。それが「社会解剖学」ではないかと思っている。

 つまり、「ヒトの心理」と「体の構造」を理解して観察をすれば、日常生活のさまざまな事象に対して違和感を持って見ることができるようになり、事象の不思議な所が見えてくる。

 たとえば、数年前に起こったゴーストライター事件も、冷静な目で見て、今まで出会った同様の障がい者の方と比べてみたら、不思議な違和感を覚えたはずだ。

医学教育の中での解剖学

 解剖学の教育をしていて思うのは、学生の頭の中にある医療教育は、臨床のイメージで描かれているということだ。臨床で日々の医療に従事しているメディカルスタッフからは、「学生の時に解剖学、生理学を、もっとしっかりと勉強していれば良かった」とよく言われる。

 解剖学の座学は、医療系分野の学生にとって最初の専門科目だ。授業においては、ノミナ(解剖用語)と言われる今まで接していなかった専門用語で話される。学生にとって初めての解剖用語は、その数に圧倒される。解剖用語は類似の言葉が多く、学生としては違う解剖用語なのに「またこの用語かぁ〜」という錯覚を感じてしまう。

 それに先輩などから、「解剖学は暗記科目」と言われているのだろう。「暗記科目なら、テスト前に出題されそうなところだけ勉強して......」となるのが学生の心理。これらの要素によって、授業における学生の集中力は徐々に低くなる。結果として、多くの学生にとって解剖学は、もの凄く眠い催眠術の様な授業となっている。

 教師にとっても、学生にとっても残念な状態だ。このような環境とイメージがあるため、国家資格を持ったコメディカルスタッフに聞くと、「在学中の解剖学は睡眠時間だった」という話になる。
解剖学を暗記で覚えてきた弊害

 学生の間で解剖学は「単位さえ取れれば大丈夫」と思われている科目だ。そのような学生が、医学部を卒業する時に、解剖学の知識はどれくらい残っているのか? 授業中に書いたノートはどれくらいの量か?

 彼らの勉強のベースとなっているのは「優秀な先輩の残してくれたテスト対策の資料」だ。座学の授業が終わってからの病院での実習は、解剖の知識が乏しくても、一緒の施設等にいる学友の協力で何とか切り抜けられるだろう。

 しかし、国家試験を合格した後は、みんなチリジリバラバラだ。医者は最低限の知識は持っていると誰しもが見てくる。しかし実際は、「解剖学の知識がないから、先輩が話している内容がわからない」という事態になる。その結果、解剖学が、「もう一度学びたい教科」に躍り出るのだ。そして多くの医療従事者が「在学中にもっと真剣に取り組めば良かった」と口にするのだ。

 この状況の根底にあるのは、肉眼解剖学分野の教育者自身が「解剖学を暗記で覚えてきた結果」だと私は思っている。暗記でしかないから、教科書の行間を知らないので、図を掲示して教科書を読むだけの授業になる。解剖学の授業としては、教科書に沿っているだけの単調なものになっていると思っている

ヒトの体には教科書と異なる構造の「破格」がある

 残念ながら解剖学は、それほど単純な学問ではない。ヒトの体には必ず教科書と異なる構造の「破格(ハカク:バリエーション)」がある。

 そして解剖学は、暗記科目ではない。申し訳なくて、恥ずかしいことだが、私自身、覚えている解剖用語は、全体の1割もあるだろうか? なぜ覚えていないのか?

 私が授業を受けていて感じたことは「解剖学の授業は何かしらの法則を見つけ、法則に従っていけば解剖用語は後から着いてくる」ということだった。解剖学の授業で一番大ことなのは、受講者に考えさせるということ。これは暗記の全否定ではない。最低限覚えないといけないことはある。

 私が解剖学の講義で言うのは「骨だけは覚えてね」である。教科書を見ると「ヒトの体は大小200の骨からなり......」と書いてある。この時点で200もある。しかし骨は、左右で同名の骨があるので100ほどの名前を覚える必要がなくなる。それに、第1〜12胸椎・肋骨など、「同名+番号」の付いた骨もある。この時点で20個ほど......。このような連続で、骨の覚える数が段々と減っていき、その骨の特徴を覚えていけば、骨の暗記はもの凄く数は減る。

 筋は400はあると言われている。骨と同様、整理していけば、覚えるのでなく、骨と骨を結んで名称を考えていくことで答えが導き出される。

 このように、学生の解剖学は考えた結果、自分で出した答えとの照合という形で学習していけば、もの凄く効率よく勉強できる科目なのだ。
研修会では解剖学は学びなおせない

 医師の国家試験に合格した後に参加する研修会で、学びなおせるじゃないと思われるだろう。しかし、現在の研修会は、臨床医療に関する研修会がほとんどだ。これらの研修会においても、基礎分野のものもあるが、「参加している研修会の分野における基礎」でしかない。

 医師になってから基礎の科目だけを学びなおしのできる講習会が、もの凄く少なく感じる。確かに基礎の研修会よりも臨床の研修会のほうが現場に直結しているので、コメディカルスタッフとしては即戦力になる研修会のほうが人気だ。しかも、臨床医学の技術やシステムは日進月歩で進んでいる。しかし、これらのベースとなるのは、やはり基礎科目だ。

 基礎と臨床の関係は、3階建ての建物と同じだ。一階部分が基礎医学、二階部分が臨床理論、三階部分が臨床実技だと思っている。今は臨床実技に関してのものは、もの凄くたくさん存在している。しかし臨床の土台となっているものが、基礎医学なのではないだろうか? 基礎医学の重要性は、医療分野だけでなく一般の研究全般で言えることではないだろうか?

 昨今の先端医療や近年のノーベル賞受賞者の研究を見ていて思うことは、1970〜80年代の基礎研究成果が臨床に応用されたものが多い。

 生活、教育、臨床と段階を踏んで話を進めたが、臨床に至って、最先端の研究に至っても、基礎医学という分野は重要だ。この基礎医学分野の延長には、日常生活が絡んでくる。このように解剖学は、社会という実生活と密接な部分もあるので、最初の言葉である「社会解剖学」な一面もあるのだ。

前田信吾(まえだ・しんご)
フリーランスの解剖学講師。関東・東海地方を中心に看護師、歯科衛生士、臨床検査技師等の医療系専門学校で教育に携わる。厚生労働省死体解剖資格認定者 (系統解剖)。
専門は肉眼解剖学。日本歯科大学 新潟歯学部を卒業後。歯学部の研究員を経て2015年から現職。現在も複数の歯学部の解剖実習に参加。日本解剖学会、日本人類学会、日本法医学会、歯科医学教育学会、日本歯科衛生学会など。

前田信吾(まえだ・しんご)
フリーランスの解剖学講師。関東・東海地方を中心に看護師、歯科衛生士、臨床検査技師等の医療系専門学校で教育に携わる。厚生労働省死体解剖資格認定者 (系統解剖)。 専門は肉眼解剖学。日本歯科大学 新潟歯学部を卒業後。歯学部の研究員を経て2015年から現職。現在も複数の歯学部の解剖実習に参加。日本解剖学会、日本人類学会、日本法医学会、歯科医学教育学会、日本歯科衛生学会など。