女性用マネキンは痩せすぎ?(depositphotos.com)

写真拡大

 ブティックや百貨店の店頭で、流行のファッションを颯爽と身にまとうマネキンたち。しかし気に入って同じ服を試着してみると「なんかイメージと違う...」という経験はよくあることだろう。

 女性用マネキンの多くがかなりスレンダーであることが違和感の理由なのだが、多くの女性はその体型が理想だと考えているのも事実だ。女性誌や、ダイエットのノウハウを紹介するウェブサイトに「目指せ! マネキン体型」といったキャッチフレーズが踊ることも珍しくない。

 しかしそうした思い込みに警鐘を鳴らす研究結果が、今月初めに英国から発信されている。街に並ぶマネキンは医学的に明らかに痩せすぎであり、その発するメッセージが摂食障害の引き金の一つなのかもしれないというのだ。

女性用マネキンだけが極端な「痩せすぎ」

 今回の調査では、英国で全国展開するファッション販売小売店に置かれている、男性用と女性用マネキンの身体サイズを測定した。

 研究メンバーはまず「Contour Drawing Rating Scale」という、「痩せすぎ」から「太りすぎ」まで段階的に見た目の輪郭図が描かれたスケールを使って、店頭に飾られているマネキンの平均サイズを評価した。

 さらに、その体型をBMI値(ボディマス指数・ヒトの肥満度を表す体格指数)で10段階に分けられた、男女の写真からなる体サイズ認識ツールにあてはめて、平均的なマネキンのBMI値を導き出した。

 体型を正確に割り出すため、コートなどのルーズな服ではなく、タイトフィットなTシャツとショーツなどを着用し、さらに店頭の目立つ場所に置かれているマネキンを対象にしたという。

 その結果、女性用マネキンの平均サイズは「人間であれば極めて低体重」に相当し、全てのマネキンが低体重であることが判明。

 一方、男性用マネキンに関しては、低体重のものは8%に過ぎなかった。逆に、非現実的なほど筋肉質なものも見られた。

 研究グループは「女性用ファッションを宣伝するために使われているマネキンの身体サイズは現実的ではなく、人間なら医学的に不健康とみなされるもの」「痩せすぎのために月経がなくなるレベル」と述べる。

 さらに「マネキンの体型を現実的なものに変えていくことは、拒食症や過食症といった摂食障害の問題を解決するわけではない。しかし前向きな新しい一歩になる可能性がある」と推察している。
フランスでは「痩せすぎモデル」を規制

 今回の研究を率いた英リバプール大学のEric Robinson氏は、次のように主張する。

 「過度に痩せている女性の身体をディスプレイすれば、現実的でない体型が理想だと思い込みやすくなる。これを阻止する方策を社会的に講じるべきだ」

 「若者のボディイメージ障害や摂食障害の比率は懸念すべき高さだ。マネキンの寸法の変更は、子どもや思春期の若者、若い女性に特に有益だろう」

 一方、世界的なファッションの発信地であるフランスでも、以前からこの問題がクロースアップされている。

 つい先日、若者を摂食障害から守るための法規制が施行された。といっても、対象はマネキンではなく生身のファッションモデルだ。

 パリAFPの報道によれば、5月6日に施行された新しい法律とは、フランス国内で活動するモデルに対して、BMIが標準値以内であり健康であることを証明する医師の診断書の提出を義務付けたものだ。

 BMI値は18.5〜24.9が標準範囲。18.5を切ると低体重となり、さまざまな健康問題を抱えやすい。

 さらに今年10月には、モデルの身体または一部に修正を施した画像はその旨を記した注意書を必須とする法律も施行される。

 たとえば、体型を細く修正した広告写真には、必ずその断りを入れよ――ということだ。

 フランス保健省は、この法整備は特に痩せ過ぎのリスクが高いモデルたちの健康を守ることだけでなく、「達成しがたい美の観念の奨励を防ぎ、若い世代の拒食症を防ぐ」狙いもあると説明している。

 こうした痩せ過ぎモデルの規制は、スペインやイスラエル、イタリアでも実施されている。

「健康美」の価値を高めることが必要

 フランスでは、拒食症などの摂食障害は15〜24歳の年齢層において、交通事故に続いて2番目に多い死因。

 国内で約60万人もの若者が摂食障害に苦しんでおり、そのうち4万人が拒食症に悩まされているとされる。

 また、米国神経性無食欲症・関連障害協会(ANAD)によれば、アメリカでは3000万人に何らかの摂食障害があると考えられている。精神疾患の中でも、摂食障害は死亡リスクが最も高いという。

 日本でも健康的な体重がBMIで21〜22といわれているのに対し、マネキンのサイズは19程度を基準に作られている。

 そして、女性の間で美しいと定評のあるモデルや女優には、BMI17〜18程度の人も少なくない。

 摂食障害だけでなく、低体重児の出生や老後の要介護が増える傾向にあるなど、「女性の痩せすぎ問題」は深刻度を増している。

 今後は日本でも海外と同様に、国とファッション業界が協力体制を作り「健康的な本物の美しさ」の価値を高める取り組みが必要ではないだろうか。
(文=編集部)