宝塚市立手塚治虫記念館の発表より

2017年7月1日(土)から10月23日(月)まで、宝塚市立手塚治虫記念館にて、10周年を迎える初音ミクと生誕85周年の作曲家・シンセサイザー奏者、冨田勲を記念する、手塚治虫作品とのコラボレーション企画「初音ミク×手塚治虫展〜冨田勲が繋いだ世界」が開催される。

 

故・冨田勲氏は、初期の手塚アニメ「ジャングル大帝」「リボンの騎士」や劇場アニメ「ブラック・ジャック ふたりの黒い医者」などを手掛けた、手塚作品ゆかりの人物。既に冨田氏の追悼公演で初音ミクの手塚顔バージョンが公開されており、今回は2回目のコラボとなる。

 

企画展では、初音ミクを含むキャラクターシリーズの紹介や3DCGモデルの展示、手塚作品とのコラボレーション展示が行われる。

 

入館料700円、水曜休館日(7月19日・26日、8月中の全水曜日は開館)で、時間は9:30〜17:00(入館は16:30まで)。

 

■期間:
2017年7月1日(土)から10月23日(月)

■開催場所:
宝塚市立手塚治虫記念館
兵庫県宝塚市武庫川町7-65

■問い合わせ先:
宝塚市立手塚治虫記念館
tel. 0797-81-2970
URL.http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/4000020/4000157.html