iPhoneでの通話を録音!音声ファイルのパスワードロックも対応する通話録音できる一石二鳥のカードリーダー

写真拡大 (全3枚)

台湾で開催された国際コンピューター見本市「COMPUTEX TAIPEI 2017」において、iPhoneの電話を録音できる便利アイテム「Apple専用通話録音対応カードリーダー」が、iPhone/iPad用ストレージブランドのPhotoFastから発表された。
日本国内では、リンクスインターナショナルが6月下旬〜7月にかけて発売を予定している。
正式な発売日、価格につきましては未定。

iPhoneでの通話内容を録音したいと思っている人は意外に多い。
特に、ビジネスや振り込め詐欺など、通話の録音ができれば、便利なことも多いからだ。

ビジネスに限らず、聞き直すことは失礼になるし、仕事上での重要な内容や、トラブル対応の場合などでは、あとから「言った、言わない」で揉めないためにも、通話が録音できれば証拠となる。

そうしたときに役立つ便利アイテムが本製品というわけだ。

■電話だけでなく、チャットアプリにも対応
これまでiPhoneの電話を録音する方法は、もいくつかあった。しかし、どの方法もイマイチと言ったところ。
たとえば、録音アプリでは、キャリアのサービスを利用していたため、そのキャリアで契約していない人や、格安SIMの人は使えないアプリもある。
ICレコーダーやBluetoothレコーダーで録音する方法は、録音する準備にひと手間が必要で、急な電話などでは準備が間に合わない。

本製品であれば、Lightningコネクタに接続するだけなので、急な着信にも素早く対応できる。

本製品は、電話の通話録音だけでなく、コミュニケーションアプリ(チャットアプリ)にも対応している点が嬉しいところ。
LINEやWeChat、Viber、WhatsApp、Messenger、Skypeなどをサポートしている。これらのアプリは、ユーザー同士なら無料の通話もできるので、電話代わりに使っている人も多いからだ。

ところで、通話の録音で気になるのは、使い勝手やセキュリティーだ。
本製品は、専用アプリ「Call Recorder+」を使って、
・連絡先の表示
・キーパッドによるダイヤル発信
・録音した音声ファイルの編集
・音声ファイルの名称変更
などが可能だ。
また、録音した音声ファイルには、4桁のパスワードが設定できるので、録音した通話内容が他者に漏れる心配も防ぐことができる。

そのほかの機能としては、microSDカードスロットを搭載しているので、iPhoneやiPadのメモリー容量を拡張することができる。最大256GBまでサポートしているため、ユーザーはiPhoneの空き容量を気にすることなく、気軽に音楽や動画を楽しめる。




■重要な通話を高音質で録音 - PhotoFast代表取締役 王龍文氏
PhotoFast代表取締役 王龍文氏は、
「iOSによる制限の打破はPhotoFastが常に持ち続けてきた研究理念です。PhotoFastはApple周辺機器ブランドとして、ユーザーエクスペリエンスの向上に邁進、メモリー製品の開発に尽力してきました。

Call Recorderは市場分析を元に自主開発をしてきた通話録音デバイスです。一般的なレコーダーとは異なり、専用アプリと合わせて使用することでユーザーは簡単な操作で重要な通話を高音質で録音可能となり、ビジネスシーン等でも大いにご活用いただけます。」と、新製品についてコメントしている。

仕事上の重要な通話を高音質で残せることは、ビジネスユーザーには有り難いことだ。





ITライフハック 関口哲司