スタジアムの興奮をファン同士で共有できる

写真拡大

シャープは、プロ野球・広島東洋カープファン向けのウェアラブル端末「funband(ファンバンド)」を、2017年6月1日に広島県および山口県岩国市の「ゆめタウン」「ゆめマート」で先行発売する。

スタジアムでの「応援アクション」を振動&LEDで盛り上げる

Bluetoothでスマートフォンと接続し、試合状況など最新のカープ情報を随時表示できる。モーションセンサーを内蔵し、装着したカープファンの試合中の腕の動きを「応援アクション」として感知。内蔵するバイブレーターの振動やLEDを発光させて応援を盛り上げる。また「応援アクション」は「応援ポイント」として蓄積され、ユーザーによる選手の人気投票に使用できる。

ユーザー全員の「応援アクション」はクラウド経由で集計し、数値化された「応援パワー」をディスプレイに表示。球場内だけでなく離れた場所でも試合の盛り上がりを共有でき、ファン同士のつながりを感じられるという。

約0.77型(96×39ピクセル)白色有機ELディスプレイを搭載。Bluetooth 4.2をサポート。容量250mAhのリチウムイオン充電池を内蔵し、試合中は約5時間、それ以外は約200時間の使用が可能だ。充電用のmicroUSB端子を搭載する。

価格は1万円(税別)。

なお、有償の専用サービスへの加入が必要だが、1000台限定で1年分が無償となる。